1300人の極道-敵の章-『呪術』編

芝野太郎

第1話

~プロローグ~



…もっとも『厄介な物は【散弾銃】』…避ける事がかなわず

『分散する弾は【殺す為の武力としては破壊力は素の身で耐えうる部分を超えている。】』


…それはイルミナティとして『残る恐怖』だが,(強大な『力』によって謀略された【痛恨】,『悲鳴…』)

その念は『子供が殺される直前の悲鳴』


…同化すると『イルミナティ』となる。


…『かなわない恐怖』には,

『カタチだけしかない』。


…その念は生き物ではなく,『この世に残された音』そのもの……


『音』は,こよいもだれかをねらう……


…その正体を隠されたまま……『人はその【恐怖に】従う『事を善とする』,』

…その名を【イルミナティ】と言う……



『恐怖の音』に【対抗するには】



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます