ざっくり神々の争い

ウラノスによる支配、息子の反逆

 ではタイトル通り、ざっくりとギリシャ神話のエピソードを書いていこうかと思います。


 まず一番最初に世界を支配したのは、ウラノスと呼ばれる神です。ギリシャ語で「天」の意味を持ち、天の神様でもあります。巨体の持ち主であったとか。


 で、このウラノスは母親でもある地母神ガイアと結婚。間にティターン神族と呼ばれる巨体を持つ神々をもうけます。

 また他にも、一つ目の巨人キュプロス、百の腕を持つ巨人ヘカトンケイル、など多数の子供達を産んでいたり。

 

 しかしこのキュプロスとヘカトンケイルを産んだことが、ウラノスとガイアの関係に亀裂を入れてしまいます。ウラノスはキュプロスとヘカトンケイルがあまりに醜く、冥府へと封じ込めてしまうのです。

 これに、ガイアはもちろん怒ります。子供であるティターン神族たちに、父ウラノスへ反逆するように要求。息子の一人であるクロノスが名乗りを上げ、ウラノスの男性器を鎌で切り落とします。


 これにより、ウラノス王位から追放。クロノス達ティターン神族による支配が始まります。


 クロノスについてちょっと捕捉を。クロノスということで時の神をイメージする方が多いかもしれませんが、本来のクロノスにそのような属性はありません。彼は農耕の神で、時の神クロノスは古代ギリシャのとある賢者によって創作された神だそうです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます