第4話

『ホワイトボードの部屋』。

『一間(いっけん)の長テーブルが横に繋げてある物が平行に列になって並んでいる。』

そのパイプ椅子に股がり野生のアイツがその正面にいる『オス』に話しかけている。

…「…ねぇ,【カメって好き】?」

…「え?…」(カメ?)…肘をつくようにテーブルにのしかかり話しを合わす。

その張られた足はミニの短い丈の着物を強調している。…いまやマントはパイプイスの上に折られている。

「カメ..ねぇ…好きだけど。かわいいし」

(…泳いでいる姿をそうぞうしてみる)。

(足をバタバタさせて水上へと滑復する姿。)

(腹をみせて水中を滑るその姿は「ウミガメ」を思わせる)。

「ウミガメとか可愛いよね。」

…ニコッと笑う『オス』は,緊張感を貫く歯痒さを秘めているぎこちなさがある。

「…かわいいよね~!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます