恋人を撃ち落とした日

作者 濱野乱

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話へのコメント

    メッチャ、キュートでしたぁ。最初から最後までやられっぱなしですね。
    (スーファミは、選別じゃなくて餞別にもらったのかな。)

    当初の予定より、今の終わり方の方がよかった気がします。
    もっともっと二人の会話を読んでいたいなぁって思いました。

    作者からの返信

    レビューと感想ありがとうございました。

    餞別でしたね。訂正しておきました。自分の中で誤字は少ない方だと思っていたのですが、他の作品を読み返してみると、膝頭を幹頭と書いており、幹頭ってどの部位やねんと、ツッコミを入れてしまいました。自分のことはあまり当てにならないようです。お恥ずかしい。

    二人の今後みたいなのも書こうと思えば書けるのですが、笑えない話になりそうです。

    すれ違い、喧嘩、マンネリ。長く同棲しててもあんまりいいことないよと、母が言っていたのですが、そんな感じになってしまいそうです。

    多分、読者の方々が離れてしまう。怖いです。

    読了ありがとうございました。

    2018年1月24日 20:37 編集済

  • 第1話へのコメント

     起承転結がはっきりしたきれいなストーリーですね。
     男性である主人公がスカンツという名称を知っていることに驚きました(笑)
     
     撃ち落されちゃった主人公に幸いあれ。

    作者からの返信

    当初の予定だと、二人が結婚して子供が生まれた後、男が単身赴任で飛行機に乗って墜落。行方不明。

    よもぎが、「彼を撃ち落せるのは私だけなのよ」と悔しげに言って終わる予定でした。そうしなくて良かったのかどうか未だにわからないんですけど、今のままの方がいいのかな、どうなんだろう。

    スカンツについて。ワイドパンツとかカッコよく着こなせる女性が描きたくて入れちゃいましたね。

    ご指摘の通り、一人称が男性の場合、ファッションに精通していない限り、スカンツを知っている可能性は低いでしょうね。

    私が知っていても、人称視点の彼が知らないこともあるわけで、これはミスです。誤植というか、やってはいけないタイプのミスです。完全に盲点でした。ありがとうございます。

    お読みになった上、感想まで残して頂き、誠にありがとうございました。

    2017年12月5日 20:59 編集済