『デビルマン』について

平 一

1 名作の理由(わけ)

 永井豪の漫画『デビルマン』(1972~73年に雑誌連載)は、名作として後の様々な創作に影響を与え、その衝撃は今も語り続けられている。この作品は、当時としてはかなり過激な内容ながら、意外性に富んだ物語進行や迫力のある筆致に加え、通常の少年向け漫画をはるかに越えた内容の奥深さを持ち、高い評価を受けてきた。では、その内容の奥深さとは何なのか、一体何がそれを生み出しているのか。私見によれば、その秘密は第一が逆転の物語展開、第二がSF的な世界設定、第三が文明論的な規模スケールの主題にある。


(なおここでは、後に描かれた時間移動ものの挿話『新デビルマン』を組み込むなどの加除をしていない、初出版について述べる。)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます