第23話    「またな、クガ」

「ところで。その本、買うのか?」

「……買いたい、とは思うんですけど。これ、いくらでしょうか?」

「あーっと……この厚さだとたぶん、小銀貨1枚はするな」

「!? え……!?」


 小銀貨1枚……つまり、1万円ってこと?

 そんなお金、私の所持金だと出せそうもないよ。


「そ、そんなに高いんですか?」

「は? 当然。紙の生産が大量にはできないってことで、それくらいの付加価値がついてるんだよ。知らないのか?」

「ええっと……遠くから、来たから。本を見たのも初めて、です」


 正確に言うと、この世界の、だけど。

 まりが悪くてもそもそと答えると、怪訝けげんそうな顔つきをしてたハーヴェイさんが不思議そうに首を傾げた。


「よくわかんない奴だな、あんた。そのくせ、文字は読めるなんて」

「そう、ですね。何故でしょうか?」

「いや、俺に聞かれてもな」


 たぶんだけど、神様からのサービスとか、かな? 言葉だって異世界だから違うはずなのに、最初から通じてたから。

 ありがたいよね。特に言語がわからなかったらって想像すると、ゾッとしちゃうよ。


「だったら、図書館は……」

「図書館? 王宮図書のことか? 今日は水の日だから開放されていないな」


 とりあえず今日は無理、なのかな。

 それより気になったことがあるんだけど……水の日? それってもしかして、この世界での曜日のこと?


「あの……『水の日』って、なんですか?」

「はぁ!? あんた、水の日も知らないのか!」

「はい」

「あんた、どんな辺境地に住んでたんだ……常識がないにも程があるだろ」

「え、えっと……」


 口ごもるしかないよ。私から言えることは何もないから。

 ハーヴェイさんは、ため息交じりに説明してくれた。


「いいか。光の日、風の日、火の日、水の日、木の日、土の日、闇の日の7日間で一週間だ。これを7週繰り返してひと月分。月は……」

「……知らないです」

「……だよな。月は、白の月、紅の月、黄の月、緑の月、蒼の月、紫の月、黒の月の順で一年」


 一週間が7日間、それが7週でひと月、月は7つあって一年。つまり……そうなると、こっちでの一年って元の世界の一年より、ちょっと短くなるのかな?


「ちなみに今日って、いつですか」

「……確か、白の月の6週目水の日だ」


 私の問いかけに、もう何も言わずにハーヴェイさんは答えてくれた。

 ふむふむ、なるほどね。……あれ? そういえば、ジョシュアさんとは二週間で屋敷に残るか相談って話をしたよね?


 今日って4日目だから……あと10日間しか残ってないの!?

 ……他の働き口、見つかる気がしないよ……。でもできる限り、頑張って探さないとね。


「それに、入館するにしても許可が必要だ。あんたは持っているのか?」

「……え?」


 あ……ちょっと自分の将来について気が遠くなってたから、反応が遅くなっちゃった。え、と……。


「許可って……いるんですか?」

「当たり前だろ。本は貴重だから、壊されないように許可証をもらった人間しか図書には入れない。例えば……貴族か、権力がある貴族からの推薦状を持った市民のみだな」

「そんな……」


 私、持ってない。それに、許可証を手に入れるとしても、貴族に伝手なんてないよ……。


「その様子だと、持ってないみたいだな。諦めとけよ。王宮図書は警備も厳重で、忍び込むなんて到底不可能だ」

「……」


 ということは、この世界の情報が手に入るのも中々難しいってこと?

 それに……だとしたら、私はどうやって、元の世界に帰るための方法を探せばいいのかな?


 ……全然、わからない。

 どうしよう……やっぱり私、戻れないの?


 頭がクラクラするだけじゃなくて、目の奥だってチカチカして痛いよ。足もグラついちゃいそう。そんな場合じゃないのに。

 動揺して、何も考えられない。


「おい、あんた。急に黙り込んでどうした?」

「あ…………なんでも、ないです」

「……!? お、おい! どうしたんだよ、顔真っ青だぞ!?」

「……大丈夫、です」


 そう、大丈夫。絶望なんて、まだ感じてない。

 だけど……どうしよう。これから私、どうしていけばいいの?


「んなわけないだろ! 今日はもう帰れ」

「……でも」

「でもじゃなくて。無理して回る必要なんてないだろ」


 だって、それだと。


「……ハーヴェイさんがせっかく、休みなのに案内してくれるって……言ってくれたのに。申し訳ないですよ……」

「は……」


 ……? ハーヴェイさん、どうしてそんな、ポカンとしてるの?

 目がこぼれちゃいそうなほど開いてるし、口も大きく開けてたらのどが乾燥して痛くなるよ?


「あんた……本気か?」

「? ……あ、の……? 本気って……何が……」


 食い気味に身を乗り出して聞かれても、思わず後ずさっちゃうんですけど……。


「だから、本気でそんなこと言ってるのかってことだ。それとも、やっぱ冗談だろ?」

「……こんなの、冗談言う必要って、あるんですか?」

「……」

「……? ハーヴェイさん?」


 なんで、黙ったの?

 首を傾けて、言葉を待ってみても反応がない。


 一体どうしたのかな?


「あんたって……はぁ」

「? あの……」

「あーうん。わかった。とりあえず、俺に対する気遣いはしなくていいから。女の子からの迷惑は進んで買えっていうだろ?」

「……言いません」

「なら、俺の中ではそうなんだ」


 変なルール。でも、ハーヴェイさんらしいかも。

 今日でまだ会って二回目だけど、彼ってとっても女好きで女ったらしだよね。


「とにかく、帰るぞ。あ、でも、ちょっと店の前で待ってな。一つだけ買い物を済ませてくる」

「……はい、わかりました」


 ハーヴェイさんのすすめにしたがって、私は今度は素直に店を出た。店先でボーっと待ってると、すぐに彼は扉から出てきた。

 何を買ってきたのかな?


「待たせたな。ほら、これやるよ」

「……これは」


 折りたたまれた、クリーム色の紙。厚さは薄くて、表面は整ってないみたいでザラザラでゴワゴワしてる。

 紙を広げてみると、文字と何か図形みたいなのが載ってる。あとは、線が何本も走ってて何か所も交差してる。


 これって……もしかして。


「王都の、地図?」

「そ。ただし、詳細には書いてなくて名所しか書かれてないけどな。これがあれば、今日俺が案内できなくても、後であんただけで見て回れるだろ?」

「……だけど、本って高いんじゃないですか?」

「この地図は別。地方から来た奴ら向けに、安く提供してるんだ。飯1ヶ月分くらいの高い地図も存在してるから、これなんて安いもんだよ」

「でも」


 安いって言ったって、絶対、元の世界で言えば1000円はかかってるよね?


「こんな高そうなの、もらえま――」

「んー? 聞こえないな。ってことで、これはあんたにプレゼントってことで。返却は受け付けてないからな」

「……」


 ニヤリと不敵に笑って、ハーヴェイさんは指を立てて左右に振ってみせた。

 その『受け付けてない』発言は、さっきの私の言葉をマネしたの? だとすれば、すっごくイジワル。


 茶化して、私にそのまま地図を受け取らせるつもりなのかな。

 ……変に意地になって返そうとしても、角が立つだけかな? ここは、ありがたくもらってもいい……よね。


 正直、地図は本当に助かるよ。街に出るたびに毎回迷子になったり、行先の道順がわからないのは困るから。


「ありがとう、ございます」

「いや、どういたしまして。……で、おうちまで送ろっかって思ってはいたんだけどさ、あんたって送られたいタイプじゃないよな」

「……はい」


 まだ会って間もないのに、住んでるところを知られるのはちょっと怖い。ハーヴェイさんが悪い人じゃないとは、今日で分かり始めてたけど。

 それに、今いるところって私の家じゃなくて居候先だからね。


 ……でも。そのままさよならは、失礼すぎる気がするから。


「あ、の……ハーヴェイさん。途中まで、送ってもらえますか?」

「! もちろん」


 これくらいは、お願いしてもいいよね?



 ◇◇◇



「ここでいいのか?」

「……はい」


 初めてハーヴェイさんに会った大通りまで連れてきてもらった。


「送っていただいて、ありがとうございました」

「いや、べつにいいって。それより、今日はすぐに帰って休めよ?」

「はい」


 その言葉で、また不安が押し寄せてきた。

 どうしようって言葉で心の中がいっぱいになるけど、それを隠してハーヴェイさんに頭を下げてお辞儀をした。

 考え込むのは、家でいいよね。今悩んだら、彼にも迷惑で失礼すぎるよ。


「今日は話せてよかった」

「……そう、ですね。私も、です」


 前回より、苦手意識とか嫌いって感情は減ったかも。……まだ、ゼロにはなれないけど。

 でも、こればっかりは彼のせいでなく、私の問題。


 いつか、割り切れるときが来るのかな?


 彼にソックリなハーヴェイさんは、ニッコリ笑って私に別れのあいさつを告げた。


「じゃあ。……またな、クガ」

「……っ! …………は、い。また……」


 ――息を、思わずのみ込んだ。

 だって、その言葉は。私のあこがれの人が、帰り際に言うものと全く同じだったから。


 固まった私に気づかずに、ハーヴェイさんは去っていった。その姿は、あっという間に人ごみにまぎれて見えなくなる。


 彼が悪いわけじゃないってわかってる。……だけど。

 あの姿、あの声でなければよかったのに。


 せめて今は、嫌だった。

 元の世界に戻れなくなるかもっていう不安を、あおるから。


 ハーヴェイさんを知れば知るほど、つらくなる。

 どうしてって疑問が、消えなくなっちゃう。 


 ――私は、元の世界に帰らなきゃいけない。


「……そのためには」


 本が読めなくて簡単に情報が手に入らないのなら、自分の足で情報を手に入れていくしかないのかもしれない。

 どんなに時間がかかったとしても。それが確実に元の世界に通じるんだったら、やるしかないよね。


 もし、数年探してこの国に何も目ぼしい情報がなかったら、他の国に聞きに行こうかな。

 この世界にあるのは、なにもパンプ王国だけじゃない。必ずしもこの国に戻る方法があるとは限らないんだから。


 でも、旅に出るにしたって軍資金は必要だよね。最低どれくらい稼げばいいのか、基準がわからないけど……。今はやっぱり一番は、お金を稼ぐことに重きをおいたほうがいいのかも。


「……」


 ハーヴェイさんに会うと、寂しいし悲しくなって不安になる。でも、それに揺らいでちゃ、いけないよね。

 私が、しっかりしないと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます