第3話 アメリア・ベルンシュタイン殺害事件

 エルマー・ベルンシュタインは、ブレーメンで複数の工場を経営する資産家であった。彼の妻アメリアと結婚したのは彼が45歳の時であった。親子ほど年の離れた二人であったが、その夫婦生活は誰の目で見ても仲睦まじいものであった。そんな二人を突然悲劇が襲った。


 結婚して、五年目の春。何者かによって妻は買い物に行くといったまま帰宅せず、警察に捜索願を出してから1週間後、妻アメリアは変わり果てた姿で帰ってきた。

 発見場所はベルンシュタイン低から2キロほど離れた森の中で、首を絞められ殺害されたのであった。


 同じころ、同一犯人とみられる犯行が2件立て続けに起き、警察は連続殺人犯による無差別殺人として捜査をしたが、事件発生から3か月。手がかりになるようなものは何もつかめていない。


「最初の事件、アメリア・ベルンシュタイン殺害事件に関しては、顔見知りの犯行である可能性が高いと思う」

 ブレーメン警察のベーレンドルフ刑事は、煙草をふかしながら事件のファイルを眺めていた。

「顔見知りの犯行というと、夫のエルマー氏も含まれるのかな?」

 電話口の相手の声に、ベーレンドルフ刑事は不機嫌そうに答えた。

「あー、そうだ。もちろん真っ先に疑ったさ。しかし、ガードが固くてな。周りの人間の証言もある。アリバイはあるが、こいつがどうにも信用ならない」

「あれほどの資産家ですからね。金と権力でつじつまをあわせるとか……」

「あー、ほかの二件の手口は実際、プロの犯行だと俺は睨んでいる」

「それじゃぁ、一件目の犯行は?」

「後始末をしたのはプロの犯行だ。しかし、最初に殺したのはそうじゃない。よくある話だ。かーっとなって、首を絞め、気づいたら息絶えていた……みたいなことさ」

「そこまでわかっていて、ずいぶんと苦労しているようだね」

「でぇ、なんだってお前さんが、人形使いのダミアンが、こんな事件に首を突っ込むんだ」

「実は依頼を受けてね。ベルンシュタイン卿に」

「依頼って、まさか、人形をか!」

「そう。夫人のオートマタを頼まれた」

「おい、まさかあれをやるのか」

「墓荒しは重大な罪だけれど、この際は仕方がないかなぁって」


 ベーレンドルフ刑事は煙草を灰皿に押し付けて消そうとしたが、吸殻がたまりすぎていて、思うように消せなかった

「あー、畜生!」

「そんな言い方は酷いじゃありませんか」

「あー、違う。こっちの話だ」

「まぁ、褒められたことではありませんからね。警察に顧客の情報を売るなんて、商売人としては失格です」

「でっ、いつだ?」

「あと30分ほどで始まります」

「なにー! 30分だ!」

 ベーレンドルフ刑事は、後ろの壁にかけてある時計を振り返ろうとしたが、電話線が邪魔をしてみることができない。仕方がなく、首を後ろにそらしてさかさまの状態で時計をみた。

「今、えーっと、3時半、いや、4時半か」


「ぎりぎりですね」

「今からそっちにいくから、余計なマネをするんじゃねーぞ」

「急いでくださいよ。鍵は開けておきますから。壊さないでくださいね」

「ちぃっ! 悪魔が!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます