星使い ティンクル・ライツ ~願いは流星とともに~

作者 想兼 ヒロ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • プロローグへのコメント

    この語り口調好きです!
    素敵な冒頭だと思いました!!
    そして、何故か分からないですがときめく……(謎

    作者からの返信

    ときめいていただいてありがとうございますw

    もしよろしければ、この先もお付き合いいただければと思っています。

    2018年11月26日 20:43

  • 第2話 未来と過去とへのコメント

    洋介が友人から受けた、言葉。

    周りと、自分の違い、
    想い・・*

    伝わります。

    わたしもわりと、人とはずれている方だから、
    彼の辛さが分かる気がします。

    きらきらした輝き*
    彼女との出会い*

    素敵です*

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    他の人とは違う、という感情は誰もが持ってしまうものではないかと思っています。

    お褒めいただき、嬉しいです。

    2018年11月15日 22:37

  • 第1話 流れる星の少女へのコメント

    ライツがすごく可愛いです*v

    好奇心・・*

    ドキドキ*

    『トモダチ』

    胸が高鳴ります*

    ライツは新たな世界に飛び込んでゆくのでしょう*
    出会いが待っていそうです*v

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    まさしく、これから出会うところになります。
    もし、よろしければお付き合いください。

    2018年11月15日 22:33

  • 第4話 瑠璃色の瞳へのコメント

    TwitterのRT企画でここまで読ませていただきました。

    現代ファンタジーの妖精の出る話。
    読んでいてとても癒されていくのを感じます。
    こういう作品はあまり読んだことがありませんでしたが、凄く魅入っていたのを感じます。
    続きをまた読んでいきたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    文章については、おそらくまともに読んだことあるのが、ほとんど児童文学なのが影響していますね。
    良い方向に伸ばしていければと思います。

    2018年9月11日 14:53

  • プロローグへのコメント

    幼い頃の、純粋な気持ちを、思い出す気がします*

    子供の頃はそうだったです*
    七夕では*短冊に願いをかけたりして*
    でも、なかなか叶わない*

    彼の目線は優しく、美しいです*

    「彼等」の存在を願う気持ちが伝わります・・*

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    お話全体を踏まえて、綺麗さを意識してまとめてみました。
    今後とも、どうかよろしくお願いします。

    2018年9月6日 08:23

  • 第35話 星に託された願いへのコメント

    「お前のすべてで、あいつをぶっ飛ばしてこいっ!」
    いいですね。こういうちょっと身体が熱くなるようなシンプルなセリフほんと好きです。

    作者からの返信

    自分もこの台詞使いたくて、ここまで話進めてきた感があります。
    感想、ありがとうございました。

    2018年8月13日 19:29

  • プロローグへのコメント

    1つ1つの言葉が厨二病(言葉が悪くてすみません)の要素が多いので、その言葉が合うような主人公、物語構成が大切だと感じました。

    作者からの返信

    プロローグに当たる部分なので、わざと言葉使いを変えたところもあります。
    お読みいただいて、ありがとうございました。

    2018年6月26日 20:33

  • すべてのエピソード 8
  • プロローグ 3
  • 第1話 流れる星の少女 1
  • 第2話 未来と過去と 2
  • 第3話 幼子の憧憬
  • 第4話 瑠璃色の瞳 1
  • 第5話 お昼前の一騒動
  • 第6話 とある女帝の話
  • 第7話 瑠璃色の糸
  • 第8話 鎧をまとった心
  • 第9話 星に託した想い
  • 第10話 平凡に見える朝
  • 第11話 初めての訪問者
  • 第12話 芽生えた姉心
  • 第13話 白のガーベラ
  • 第14話 崩れた仮面
  • 第15話 その背中を追って
  • 第16話 努力の方向性
  • 第17話 花咲く横顔
  • 第18話 未来の景色
  • 第19話 鬼の牢番
  • 第20話 道化師の如く
  • 第21話 混乱の火種
  • 第22話 放課後の約束
  • 第23話 誘う瞳
  • 第24話 幸福な悪夢
  • 第25話 その瞳に映るもの
  • 第26話 暗き檻の中で
  • 第27話 緋色の瞳
  • 第28話 絶望の果てに
  • 第29話 夢魔の油断
  • 第30話 心の壁に似て
  • 第31話 暗き空にかかる虹
  • 第32話 星使い
  • 第33話 弾ける光
  • 第34話 闇に届く輝き
  • 第35話 星に託された願い 1
  • 第36話 流れる星のキセキ
  • 第37話 未知の存在
  • 第38話 例え蛮勇と謗られても
  • 第39話 剛者の膂力
  • 第40話 彼女との距離
  • 第41話 揺らがぬ意思
  • 第42話 五芒の星
  • 第43話 願いは流星とともに
  • 第44話 運命を拓く
  • 第45話 乾き潤って
  • 第46話 約束
  • エピローグ - 1
  • エピローグ - 2
  • エピローグ - 3 そして、新たな序章へ
  • 願いは流星とともに あとがき
  • 洋介の受験奮闘記① 社会はなんとか……
  • 洋介の受験奮闘記② 数学はどうすれば?
  • ある意味「決戦」の日① ラストチャンス
  • ある意味「決戦」の日② 贈る気持ちは
  • ライツ、只今社会勉強中① 人の趣味を嗤う者は……。
  • ライツ、只今社会勉強中② 流星の拳
  • ライツ、只今社会勉強中③ ライツ、地雷を踏み抜く
  • プロローグ
  • 第1話 白頭の少年
  • 第2話 引き裂かれた繋がり
  • 第3話 焦燥、後に戸惑い
  • 第4話 氷妖精の吟侍
  • 第5話 絆を辿って
  • 第6話 怯えの正体
  • 第7話 白紙に描く活路
  • 第8話 孤独と共感
  • 第9話 ただ不器用なだけ
  • 第10話 友との思い出
  • 第11話 現に残された跡
  • 第12話 心の借金
  • 第13話 海辺に想う
  • 第14話 見知らぬ表情
  • 第15話 達人の域
  • 第16話 思考の差異
  • 第17話 過熱する体躯
  • 第18話 加速する食欲
  • 第19話 味覚が生んだ文化
  • 第20話 海に棲まう者
  • 第21話 後悔先に立たず
  • 第22話 情報は足で稼ぐ
  • 第23話 名は体を表わさない
  • 第24話 見えた光明
  • 第25話 活路に向かう
  • 第26話 噂を売る者
  • 第27話 妙案浮かばず
  • 第28話 途絶えた想い
  • 第29話 世界の終わり
  • 第30話 それは微かな希望
  • 第31話 迷惑な置き土産
  • 第32話 氷雪の城郭
  • 第33話 狩人の圧
  • 第34話 潜入成功
  • 第35話 氷姫との遭逢
  • 第36話 後に回した報い
  • 第37話 背負わせたもの
  • 第38話 信じて頼る
  • 第39話 金色の戒め
  • 第40話 虹の軌跡
  • 第41話 追う者と追われる者
  • 第42話 流星、駆ける
  • 第43話 双心の写身
  • 第44話 決意込めし鏃
  • 第45話 想いは氷雪のはてに
  • 第46話 打ち砕くは意思
  • 第47話 譲れぬ信念
  • 第48話 巣立ちの日
  • エピローグ
  • 想いは氷雪のはてに あとがき
  • 働く洋介 スマイル編
  • 白頭少女は肉食系!? その1
  • 白頭少女は肉食系!? その2
  • 白頭少女は肉食系!? その3
  • 真昼の流星 その1
  • 真昼の流星 その2
  • 真昼の流星 その3
  • 真昼の流星 その4
  • プロローグ