過ちの産物

「生まれてきて、ごめんなさい」


誰にともなく、言ってしまう。


神は何故、僕をこの世に遣わしたのか。


何の役にも立たず。


誰にも必要とされない。


すると突然、何処からか、何者かの声が聞こえて来る。


『こちらこそ、申し訳ない』


「誰だろう!?」


『しかし、誰にでも過ちはある』


「誰なんですか?」


『それは察して貰う外はない』


「解りました」


『一つだけ言える事は、お前の可能性こそが、過ちの産物である、と』


「それは、どういう事なんでしょうか!?」


『過ちから生まれる可能性もある』


「そうでしょうか」


『では、先程、お前は謝っていたけど、誰に謝っていたのじゃ!?』


「別に、誰にと言う訳でもないんだけど」


『では、何を謝っていたのじゃ!?』


「僕が生まれて来た事です」


『お前は自分の意思で生まれて来たのか!?』


「う~ん。どうなんでしょうか!?自覚はありませんが、こうして生まれて来ている以上は、自分の意思であるのかもしれません」


『ならば、自分の意思ではないのかもしれないという事でもあるな』


「そうなりますね」


『その場合は私の所為である、と』


「じゃあ、貴方はやっぱり、」


『それは訊くな』


「すみません」


『とにかく、誰の所為であろうと、過ちはあるもんじゃ』


「はい」


『その過ちを可能性に変える事が出来るかどうかは、本人、次第になる』


「そんな事を言われても、」


『何じゃ!?言いたい事があったら、はっきり言うてみい』


「何も出来ないから、生まれて来た事に罪悪感を感じもするのです」


『だから、過ちは誰にでもあると言っておろうに』


「でも、」


『無力な自分が、どうしても許せないのか!?』


「はい」


『それは、それで仕方がないが、無力だからこそ、出来る事もある』


「それは、どういう事でしょうか!?」


『無力なお前が居てくれるおかげで、無力であっても居ていいんだと、他の者は思ったりするのかもしれない』


「そうでしょうか」


『だから、あくまでも可能性の話。お前には、その可能性がある』


「う~ん」


『無力な者にしか出来ない事もある。だって、そうじゃろう!?』


「何がですか?」


『無力でない者に無力である自分を許して貰っても、自分は無力な自分が許せなくもなる。今のお前が、そうじゃろう!?』


「そう言われると、そうかもしれません」


『でも、それが、もし、お前と同様に自分の無力さに苦しんでいる者だったら、どうじゃ!?』


「どうなんだろう!?実際に、そうなってみないと分からないけど、」


『うむ』


「相手を許す事は出来そうな気がします」


『そういう事じゃ』


「どういう事ですか!?」


『相手にも許しを与える事が出来るのじゃ』


「相手にも許しを与える!?」


『お前は相手だったら、許す事が出来そうだと言ったじゃないか』


「はい」


『だったら、相手もお前を許す事が出来るのかもしれない』


「なるほど」


『そして、お互いがお互いを許す事で、自らを許す事にも繋がる』


「そう上手くいけばいいですけど」


『だから、可能性の話をしている』


「そうでしたね」


『その可能性は無力であるからこそ、でもあるじゃろう』


「なるほど」


『無力である事は苦しい事かもしれない。辛い事かもしれない』


「はい」


『でも、苦しいからこそ、辛いからこそ、同様の苦痛に苛まされる者の力になれる事もあるのではないか』


「そうですね」


『お前には苦しい思いをさせてしまって申し訳ないが、そんな自分の可能性を信じて貰えると有り難い』


「出来るかどうかは分かりませんが、信じてみようと思います」


『健闘を祈る。さらばじゃ』


「ありがとうございました。さようなら」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!