風と星の水遊び

菊千代

初心

蜩の声が響く中、僕は向かっている。

今、僕の頭の中で当時の事が蘇ってきます。

当時の僕も今と同じ様に向かっていました。

蜩の奏でる物悲しさも当時のままです。


違っているのは、時代、僕の年齢、そして僕の目から見える景色。

客観的に見れば、さほど変わってはいない景色。


その景色が僕の目には当時と今で、全然、違って見えるのです。

少し不思議には思いますが、今の僕は当時とは違って、その不思議を楽しむ事すら出来る様になりました。


そうなんです。

当時と今で、何よりも変わったのは僕の心なんです。


そして、もう、すぐそこ、という所まで来ました。


当時の僕は過去を振り返っている余裕もありませんでした。

未来に絶望して、過去から逃げる様に向かったのです。


とうとう見えてきました。

あそこです。

あそこで僕は終わるはずだったのです。

そして、たった今、到着しました。


僕が当時も今も向かっていたのは此処なのです。

此処で僕は終わるはずでした。

しかし終わる事は出来ませんでした。

そして今の僕が始まったのです。


『最後の風が吹くところ』


此処で僕の心は世界を裏切りました。

最後の風が僕に囁いたのです。


「こんな世界なんて裏切ってしまえ」と。


最後の風に唆された僕は言われるがままに世界を裏切ってしまいました。

でも、それで良かったと思っています。


世界を裏切る事でが出来ました。

そのが今の僕を形作ってもいるのです。

世界に裏切られたと感じていた僕が世界を裏切る事でと出会う。

なんとも不思議で可笑しな縁ですね。


そして僕は今、こうして再びと相見えて、を思い返す為に此処へとやって来たのです。


『最後の風が吹くところ』


以前の僕が終わるはずだった所。


今の僕が始まった所。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!