難攻不落の不問ビル

作者 数札霜月

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 162:予想の外へへのコメント

    こういう展開、大好物です

  • 162:予想の外へへのコメント

    ううむ、この回の展開はゾクゾクしますね。鋭い一手、成立するか否かという雰囲気です。

  • 123:監獄の怨霊へのコメント

    長い、長い戦いだった気がします。

    息もつかせぬ緊張感の連続が、ようやく小休止が取れそうで
    束の間ホッと出来て、助かります(*´∀`*)。

    ……城司さん、体は大丈夫なんでしょうかね。
    操られていたとは云え、フジンを亡きものにしてしまったことも含め
    ガックリきちゃいそうで、お気の毒です。

    せめて今度は、皆が安全エリアで休息できれば良いのですが。

    迫力ある戦いの続きを、楽しみに追いかけたいと思います♪

  • 74:黒雲を穿つ へのコメント

    ああ、攻撃技の名前がどんどん……(*´∀`*)!

    いえ、“ここに来て一気に「とある病い」が――” なんて、
    全然考えていません!
    ホントです。


    迫力ある攻防の続きを、追いかけさせていただきます♪

  • 32:記憶の糸へのコメント

    迫力ある戦いの描写が、毎回楽しみです。

    竜昇くんの自己を卑下する心も一歩前進出来たようで、
    静さんともこれからが本当の共闘ですね。

    ――ひとつ、“マンモスの鼻を構成していたらしき鼻の骨” という描写ですが
    象の仲間の鼻は、筋肉40000程の接続と血管で、「骨は無い」のでは
    ありませんでしょうか。

    鼻の骨を飛ばすという攻撃方法が想像が出来なくて、
    少し困りました(*´∀`*)。

    ふたりの戦いの続きを、
    これからも楽しみに追いかけたいと思います♪

  • 124:敵意の裏側へのコメント

    謎に一歩近づいた

  • 107:聞こえる者音へのコメント

    音の正体はこの人か……

    作者からの返信

     そう言うことです。

     今後この人物が同物語に関わって来るか、お楽しみいただけると幸いです。

    2017年6月10日 20:28

  • すべてのエピソード 7
  • 0:プロローグ
  • 1:問われないビル
  • 2:罠の中の選択肢
  • 3:選択必須の六十階
  • 4:最初の遭遇
  • 5:ファーストリザルト
  • 6:銀光の演舞
  • 7:情報交換
  • 8:ビルドエラーの打開策
  • 9:時代劇の襲撃者
  • 10:驚異の才覚
  • 11:戦力会議
  • 12:出発前の
  • 13:静雷撃(サイレントボルト)
  • 14:読めない彼女
  • 15:ジオラマの街の追走劇
  • 16:有り得なかったはずの光景
  • 17:怪物的な
  • 18:纏力スキル
  • 19:戦国乱戦
  • 20:手に入れた新武装
  • 21:刀の扱い
  • 22:待ち伏せ
  • 23:足手まとい
  • 24:実力差
  • 25:異端者の葛藤
  • 26:思念符
  • 27:ボス部屋
  • 28:半骨のマンモス
  • 29:諦観
  • 30:言い返すべきだった
  • 31:見せるべき意地
  • 32:記憶の糸 1
  • 33:とどめの一撃
  • 34:先へと進むその前に
  • 35:次なる階層
  • 36:近づく距離
  • 37:数字の意味
  • 38:知識“だけ”という意味
  • 39:神造物
  • 40:夜は明けない
  • 41:トイレの花紙さん
  • 42:目指すべき場所
  • 43:俊敏なる人食いピアノ
  • 44:立て続けの襲撃
  • 45:命を預ける判断
  • 46:共に格上の敵
  • 47:譲れない一線
  • 48:鬼火繰る二宮金次郎像
  • 49:骨振るい駆ける人体模型
  • 50:光芒雷撃
  • 51:敵は己の中にあり
  • 52:魔本スキル
  • 53:二つの道
  • 54:背後の気配
  • 55:屍電体
  • 56:フォーメーション
  • 57:人面犬
  • 58:足求め死体率いる骨格標本
  • 59:人馬一体の敵
  • 60:それは無謀にあらず
  • 61:九枚の皿
  • 62:下肢換装の脅威
  • 63:志気の根源
  • 64:誰かの声
  • 65:食卓の報告会
  • 66:始祖の石刃
  • 67:光って踊れるデッサン人形
  • 68:購買の痕跡
  • 69:悲鳴の手紙
  • 70:パートナー
  • 71:学校の七不思議
  • 72:闇に包まれし体育館
  • 73:六亡の光明
  • 74:黒雲を穿つ 1
  • 75:二人の道行き
  • 76:送られてきた『くえすと』
  • 77:純粋なる戦士
  • 78:変幻自在の鎖武器
  • 79:鎖の森
  • 80:見えない領域
  • 81:不可解な感情
  • 82:逃走の連鎖
  • 83:強行追撃
  • 84:消耗のままの始まり
  • 85:扉の中身
  • 86:父の葛藤
  • 87:囚人の博物館
  • 88:処刑場の乱戦
  • 89:応法の断罪剣
  • 90:囚われていた少女
  • 91:独房にて着替え中
  • 92:聞いていた少女
  • 93:愛娘の行方
  • 94:進むべき道
  • 95:いくつもの壁
  • 96:開かれる動乱
  • 97:監獄の攻略法
  • 98:混戦突破
  • 99:囚人を束ねし者
  • 100:投入される戦力
  • 101:盾スキル
  • 102:迫撃スキル
  • 103:異様な囚人
  • 104:最凶悪の囚人
  • 105:殺刃犯
  • 106:逃亡犯
  • 107:聞こえる者音 1
  • 108:犯罪歴
  • 109:忍び寄る者
  • 110:見えない襲撃者
  • 111:追跡不能
  • 112:覚悟の提案
  • 113:誘導と挑発
  • 114:マッチング
  • 115:盾の警官VS刃の囚人
  • 116:共鳴する感覚
  • 117:苦も無く増える
  • 118:隠れる者と隠し事
  • 119:叫び
  • 120:剣舞師
  • 121:立ち上がる者達
  • 122:急天直下
  • 123:監獄の怨霊 1
  • 124:敵意の裏側 1
  • 125:行き着いた服装
  • 126:思わぬ遭遇
  • 127:足りない人数
  • 128:最初の会談
  • 129:探索道中
  • 130:仕掛けられた感情
  • 131:何もいない階層
  • 132:魔聴の告白
  • 133:盗人の処遇
  • 134:情報交換
  • 135:進化する影
  • 136:敵の敵は誰だ
  • 137:平穏の水面下
  • 138:安寧強授
  • 139:緊急会議
  • 140:剣獣捜査
  • 141:彼らとの齟齬
  • 142:安寧の階層
  • 143:特異なる存在
  • 144:たどり着いた真実
  • 145:秘密への対応
  • 146:話せぬ懊悩
  • 147:似通った二人
  • 148:後手の焦燥
  • 149:遅すぎた始まり
  • 150:現れた標的
  • 151:傷ついた強敵
  • 152:力の戦い
  • 153:殺意の重量
  • 154:最悪のタイミング
  • 155:二件目
  • 156:求める答え
  • 157:信頼の天秤
  • 158:避けられぬ問題
  • 159:彼らが主役の物語
  • 160:失墜の物語
  • 161:迫られる決断
  • 162:予想の外へ 2
  • 163:難題の先に見るもの
  • 164:前哨交渉