倒錯おとぎ話

緒方あきら

気になるタイトルだけ、斜め読み、ながら読み、読んだフリ、大歓迎

第1話 裸を見たい王様

とある職人が、王様を騙そうと一計を案じ、

見えない服を仕立てたと申し出ました。


職人「王様、どうぞ。こちら馬鹿には見えない服です」


王様はひどく喜び、言いました。


国王「ほう、これは良いな。どれ、お揃いで仕立てられるか?」


職人「はい、可能でございますが?」


国王「ではもう一つ、同じものを頼もう」


職人「ははっ。サイズはいかように?」


国王「お主のサイズで」


職人「えっ?」


国王「儂はバカじゃ、主の裸が見たい」



翌日、街には裸でつれそう幸せそうな二人の姿が。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る