サラブレッド

ちいさいころは草原を自由に走っていた

進むべき道など印されていなかったから

無邪気に駆けていた

わたしの宿命なんて知らずに


大きくなるたびに目線が高くなり

柵の向こう側に興味を持った

窮屈な牧場はもうたくさんだと


ある日おじさんがわたしを柵の外へ連れ出してくれた

見たこともない世界

はじめての興奮



鞭で叩かれるなんて



そうして自覚した

わたしはサラブレッドではなかったと

牧場を守る母なる馬であったのだと

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます