フィルディアーナ・プログラミングのサイド・ストーリーで、勇者一行の視点で話を書いてみようと思い、不定期になると思いますが、連載を始めました。
 
 フィルディアーナ・プログラミングの本編が、異世界物にしてはあまりにもハードSFっぽくて敷居が高いみたいなので、それと比べるとこちらは読みやすくなっているはずだと思います。

 本編で多くを語ることのできなかった琴音、美鈴、真琴、正明の話です。

 あと、少し習作扱いになるかもしれません。PVその他の様子を見て、書き方などをどんどん修正する予定です。

 なお、最新の一太郎を購入し、付属機能の辞書と校正機能で、誤字脱字にかなり気をつけることができているはずです。
 もっとも、言い回しそのものが間違っていたら指摘してくれないので、その場合は、生身の人間としての読者の皆様方の指摘をお待ちしております。