霧降る国の戦記

作者 貴野 邑

56

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この作品を例えるならば山籠りの武道家だ。 ひたすらに道を求め、がっちりと鍛え込んだ文体に男の意気地を感じずにはいられない。 文字を読み通す眼を通じて、脳に乾いた荒野の風が吹き込んでくる。 次なる戦場はどこになるのか。 今度はどんな血が流れるのか。 興味は尽きない。

 あ、あと影響としては北方謙三先生の『三国志』が濃い感じですかね。 予想というか、邪推かもですが。
 僕は北方謙三先生の作品が大好きなので、同じ風を感じるこちらも楽しく読ませていただいております。