翡翠の一角獣 1 ドラゴンと女神の剣

作者 宮明寺勝大

270

102人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まるで映画を観ているようでした。
ファンタジーなんでしょうが、作者様の文章の表現が上手いおかげで、ところどころドキュメンタリーに感じました。

登場人物の見た目や、出逢った種族の特徴などを表現するなど、自分にとっても学ぶ場所がたくさんありました。
読ませて頂いて、ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

一番最初に見た時は「私読めるかな…」という不安を持っていましたが、いつの間にやらのめり込んで最後まで読んでしまいました…!

読んでいる間は無言で、読み終わった途端「かっこいい」と、独り言を言ってしまいました。

私もファンタジーは書いてはいますが、実際戦闘物は書けないのでなおさらかっこいいと思いました。

世界観がとても素晴らしく、キャラクターも一人一人の個性、そして小説内で伝えてくる熱いメッセージ。

脳内CVの方を見た時は「確かに。めっちゃ同感する。」と、勝手にうなずいてしまいました。

これからも面白い作品を期待しております!

★★★ Excellent!!!

これ程に作り込まれた、壮大なファンタジー作品を無料で読めるとは…。

『良い時代になった』と正直に思ってしまう…。

ファンタジーの基本要素を一つも外すことなく…独自の異世界観を造り上げている…。
……神か ?!
ファンタジーの神に愛された御子なのか!Σ( ̄□ ̄;)

同じファンタジー系作品を手掛ける者として嫉妬と羨望…そして、大いなる賛辞を禁じ得ない『神ファンタジー』

さあ!皆さんも私と一緒に『幸せなファンタジー読者』になろう !!((o(^∇^)o))

★★★ Excellent!!!

本作はカクヨムにおいても一番人気のジャンルである異世界ファンタジー作品なのですが、重量級のヘビーノベルでもある点、むしろ異色作となっております。
直接的なエロスや仲間の死を回避して視覚上のお楽しみや比喩表現に留まるラノベ的〈寸止め〉に対し、こちらは性や死をストレートに描いており、正に大人のファンタジーと呼ぶに相応しいものです。

そしてタイトルにもなっているドラゴンの、その嵐の如き暴力性は、余人を寄せつけぬ圧倒的な存在感をもって読む者に訴えかけてきます。
天賦のチートや小賢しい策略を一蹴するドラゴンの姿に、孤高の異世界ファンタジーたらんとする本作の象徴を見出すのは、恐らく自分だけではないでしょう。

★★★ Excellent!!!

これまで数々のファンタジー小説をウェブ上で読んできましたが、ここまでのめり込んでしまった作品は初めてです。

なんといっても魅力は緻密に構築された世界観と、キラリと個性を光らせながらも決して重ならないキャラクターたち。
ファンタジーにおいて、世界観を読者に伝えるというのは一番大切なこと。
細かく作られた世界故にくどい説明が入るのかと思いきや、この著者の手にかかればその膨大な情報がするすると頭に入ってきて、否応なしにジェイド達のいる世界へと引きずり込まれてしまいます。

キャラクター達もまた魅力的!
読み進める度に好きなキャラが増えていき、それがまたこの作品を読む楽しみにもなっていたり。
そして、ダイレクトに伝わる心情描写。
別に特別な言葉を使っている訳では無いはずなのに、各キャラの感情の揺れや高ぶりに読み手も心を震わされます。
ダーラとジェイドのシーンは辛かった…ジェイドの苦しみを思うと涙が出ました…


読めば読むほど引き込まれる、ファンタジー好きにはたまらない作品。
是非ご一読を!!!!

★★ Very Good!!

 緻密な情報量によって描き出される世界は、良い意味で今時ではない硬派で骨太なファンタジー。

 富、名声、或いは女の魔性によって、歯車が狂い出す人間模様の中盤から、ドラゴンの襲来、決戦までの終盤は怒濤の迫力で一気に読ませるものでした。

 ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

 緻密に作りこまれた世界観、そしてそこで繰り広げられる波乱に満ちた骨太のストーリーに引き込まれる作品である。

 主人公ジェイドとサブ主人公バルボアとの友情と因縁がストーリーの一つの軸となっており、変転するバルボアの運命には、誰もが思わず胸を打たれるだろう。敵役であるヴェガの、陰影のある人物造形もすぐれている。登場人物は多いものの、それぞれが生きた人間としての存在感を有し、物語にしっかりとしたリアリティを与えている。

 本作の特長として特筆したいのは、「魔法」や「ドラゴン」といった、いわゆる「ファンタジー要素」の塩梅が絶妙であることだ。それゆえ、クライマックスシーンにおけるドラゴンとの戦いが、決してRPG的なイベントではなく、確かな手ごたえを感じさせるものとなっている。「魔法」の存在も、あくまで「謎」としてほのめかされるだけであるが、そこがまた良い。

 全体的にダークな雰囲気を纏いつつ、最後まで一気に読ませる力を持つ作品であると言えるだろう。

 話は一応の完結を迎えているが、魔性の美女・クリスタルの謎などは、続編へと持ち越されている。続編にも大いに期待したいところである。

 個人的には、例えば『氷と炎の歌』シリーズが好きな読者に、特に強く推薦できる。

★★★ Excellent!!!

最後まで拝読させて頂きました。ラストに盛り上がる部分を作って、美しく幕切れを演出していて読みごたえのあるファンタジー大作でした。何よりも豊富な語彙に圧巻です。難しい熟語、四字熟語も多用していますが、丁寧にルビが振られているので読みやすいです。会話文を多用するようなライトなストーリーではなく、しっかりと地の文章で物語を構築されている本格派でした。何よりも好感を抱いたのは会話文の行間を詰めていた事です。ライトノベルではない本格派ファンタジーを描こうという熱意が伝わる作品でした。ぜひご一読下さい。