鬼積魍(ぐいずも)〜灰色遊戯〜

作者 猛士

45

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第八話まで読了しました。

かつて、一ジャンルとして隆盛を誇った超伝奇バイオレンス。
超人的な能力を持ったスーパーヒーローが人外の魔性の存在を相手に凄絶なアクションを繰り広げてゆくストーリー。
この『鬼積魍』にはその懐かしい匂い と妖しいまでの魅力が漲っている。
一見、ステレオタイプな印象なそれぞれのキャラクターも読み進めていくうちにそれぞれの秘めた要素が垣間見えてきて、その設定の深さに感心させられました。
アクション描写は流れるようなテンポの良さがあってよかったと思います。
乱堂と陣外の対照的なキャラ設定もなかなかで、二人の更なる秘密がどこまで明らかになるのか、事件の真相と同様にそのあたりも愉しみです。

★★★ Excellent!!!

 冒頭から作品世界に居合わせたかのような空気感。
 瓢げたように話しを進める主人公に頭から爪先まで暴力に身を置いた男達。
 依頼された男を追うごとにつきまとう暴力の影。捜すべき男の正体とは?

 圧倒的な筆致で描くハードボイルド・ノベル。
 傭兵上がりの探偵、乱堂慈恩の活躍を見よ!!

★★★ Excellent!!!

時代伝奇を中心に書き綴ってきた作者の作品は全て目を通しています。
たまにコメディに浮気しつつ、頑なに幕末伝奇にこだわり続けた
次の作品が待望の現代伝奇。これはそそります。
文章のうまさ、保証します。緻密で、時として制御の利かない描写は読む側を翻弄します。
安心してください、某賞受賞者ですよ。