006 時雨風月と紅叢雲

 やがて、銀髪の少女は泣きやんだ。

 それから彼女は、僕の腰にまわしていた両腕を放す。そして、照れ臭そうに言った。


「ふふっ、すまぬな。あまりのことに、ずいぶんと泣いてしまった」


 彼女は指で涙を拭き取り、ニコリと笑うと、こう言葉を続ける。


「しかし、再び会えてうれしいぞ、時雨風月しぐれふうげつ


 彼女から向けられた笑顔と喜びの言葉――。

 嘘つき人間としては後ろめたくて、そんなものを正面から受け取れない。だから僕は、それらをけるかのように、急いで頭を下げる。


「ああ、えっと。ごめんなさい」


 僕がそう言うと、銀髪の少女は、両目をパチクリさせながら小首をかしげた。


「うん? どうした?」

「いや。実は、僕には前世の記憶が、まるでなくて……」

「なっ、なんと!?」


 その場から、一歩二歩と後ずさりする彼女。

 確実にショックを受けていることがわかる。


 本当に申し訳なくて……そんな彼女を、まっすぐに見ることができなかった。

 それで僕は、銀髪の少女から視線を外して話を続けた。


「そのぉ、なんとなく前世でいっしょに戦っていたような気がしたから、声をかけてみたってだけなんだよ」


 言いながら、銀髪の少女をだましていることに、じわじわと罪悪感を覚えはじめる。

 胸がざわつき、心がにごっていくのを自覚した。


 だが――。

 今更、後には退けない。

 中二病喫茶の未来、あるいは末路まつろが、僕の脳裏のうりにチラつく。


「ふ、ふむ。そうなのか……。時雨風月よ……記憶がない……のか……」


 銀髪少女の声のトーンが、明らかに二段階ほど下がっていた。

 彼女は両目を細め、唇を噛み、拳をきゅっと握っている。

 それから、一度だけ「コホンっ」と咳払いをすると、少女はすぐに元のような調子で話を続けた。


「ふ、ふむ。まあ、安心せい。わらわの方には、おぬしと共に戦っていた日々の記憶が、しっかりと残っておるからのぉ」

「えっ……しっかり?」


 少女は小さくうなずく。


「ふむ、しっかり覚えとる。だから大丈夫だ、時雨風月よ。この出会いは、ちゃんと前世からの運命ぞ。おぬしの方は、まあなんだ……徐々にでも前世の記憶を思い出していけばよいからな。楽しい昔話はおぬしの記憶が戻るまで、しばしお預けなのかのぉ、ふふっ」


 少女は銀髪をそっとかき上げると、横を向き、少し残念そうに微笑んだ。赤く泣きらした両目を優しげに細める。

 どこかはかなさが透けて見えるような、そんな横顔だった。


 そして、彼女のその仕草と表情が、僕の良心に仕事をさせる。


 ああっ……駄目だ……。

 これ以上、嘘が大きくなってしまう前に、本当のことを洗いざらい話してしまおうか……?

 正直に話して、それで土下座して、許しをうんだ。


 そう思い僕は、物陰に潜んでいるキーナに、チラリと視線を向けた。


『ここらでもうギブアップだよ、キーナ。こんな任務、最初から僕には向いていなかったんだ……』


 そんな想いを視線に込める。

 自分では確認できないのだが、おそらく僕は、戦意を失った少年兵のごとき灰色の目つきで、キーナの反応をうかがっていたことだろう。


 するとキーナは、何やら紙をチラつかせた。



『喫茶店潰れる!』



 と、太い赤字でデカデカと書かれている。

 僕が良心の呵責かしゃくさいなまれることを、あらかじめ見越して、そんな紙を用意しておいたのだろう。


流石サスガダナ、キーナ……」と右足がたたえた。

「コウナル事モ、御見通オミトオシナノカ……」と左足が感心する。


「くっ……エスパーかよ!」


 思わず僕は、そう口に出してしまった。

 当然、事情がわからない銀髪の少女は、不思議そうな顔で僕を見つめる。


「うん? どうした、時雨風月よ? 今、エスパーと言ったか? それともジャスパー?」

「ああ……いや、なんでもないです……」


 僕は慌てて首を横に振った。


「ふむ、そうか。まあ、おぬしもこの突然の出会いに、どこか混乱しておるのだろうよ」

「ま、まあ……確かに僕は、混乱している……」

「ふふ。しかし、時雨風月よ。見たところ、その制服を身につけているということは、わらわとおぬしは同じ高校に通っておるようだな。洋装もなかなか似合っておるのぉ」

「えっ?」


 彼女は顔をほころばせ、僕の全身を上から下へと何度も眺める。


「いや、なに……前世での和装の記憶しかないものだからな。ふふっ、おぬしのこの制服姿は、わらわにはなかなか新鮮ぞ。よく似合っておる」


 言い終えると少女は、手袋をしていない右手で、僕の肩や胸の辺りを、それはそれは愛おしそうにでまわす。


 もちろん、そんなことをされたら、僕は緊張して動けなくなる。

 おそらく、顔も耳も信じられないくらいになっていることだろう。真っ赤な嘘をついている人間だから、心の中だってきっとだ。


 それからしばらくすると、少女は銀髪おかっぱ頭をゆらりゆらりとスイングさせはじめた。

 なんだか急に、モジモジしだしたのである。


 おしっこだろうか?


 と僕は思った。


「時雨風月よ……とっ、ところで、どうだ?」

「んっ?」

「いや、だから、そのぉー……あいかわらず、おぬしはにぶいのぉー」

「えっ?」

「いや……ほらっ!」


 そう言いながら少女は両手をパッと広げた。それから、上目遣いで可愛らしく、僕の顔をのぞき込んでくる。


 夕焼け空みたいに、彼女の耳や頬がずいぶんと赤く染まっていた。

 僕を見つめる黒々とした瞳が、キョロキョロと落ち着かない。


 なんだ、急に両手を広げてどうした? おしっこではないのか?

 もしかして、抱きつけとでもいうのだろうか?

 この両手を広げているポーズは、「カモン!」ってことなのか?

 まあ、彼女の話によると久しぶりの再会らしいし……たぶん、そういうことだろう。


 そう結論を出すと、僕は照れながら微笑んだ。


「ああ、うん……わかったよ」


 僕は思い切って、両腕でキュッと少女を抱きしめる。

 そして、そのままググッと腰を引き寄せた。

 その刹那せつな――。


「なっ、ななっ!? 何をしておるか、このバカ者がぁあっ!」


 少女のどすの利いた声が、清閑せいかんな神社に響き渡る。

 おかっぱ頭がぞわりっと逆立つ。頬をぷっくり膨らませて赤面したその顔は、まるで銀髪を被せたトマトのようだ。


「手を放さんか、こらぁっ!」

「ふ……ふぇぇっ!」


 と情けない声を上げながら、僕は慌てて手を放した。


「このバカ者っ! 時雨風月よ、誰が抱きしめろと言った!? わらわは、わらわはのぉ……この高校の制服が、現世のわらわに似合っておるか尋ねようとしただけぞっ? 勘違いしおって、このスケベ風月がっ!」

「え、ええっ!?」

「まったく……まあ、確かに前世で、わらわとおぬしは、死ぬ前に夫婦のちぎりを交わした仲ではあったが――」



「はっ?」



「しかしだからといって、そんなにホイホイと簡単に、現世のわらわを抱けると思っておるのなら、それは大間違いぞ?」


 僕は、腹話術人形のように両目を大きくき出し、口をパカンッとおっ開く。


 ふ、夫婦の契りだって!?

 さらりと衝撃的な要素をぶっ込んできましたが、僕とあなたはそんな設定なんですか!?


 僕は大いに戸惑いながら尋ねる。


「あのぉ、僕たちって、前世で夫婦だったの?」

「そ、そうだぞ……。まっ、まあ結局、接吻せっぷんもせぬまま、お互い亡くなったのだがな……」

「それは……悲しい話ですね……」

「他人事ではなく、わらわとおぬしの話ぞ?」

「そうでした」

「……で、どうだ?」

「はい?」


 僕が首をかしげると、少女の黒目が大きく見開く。


「だ~か~らっ! この制服が、わらわに似合っておるかと尋ねておるのだ、このバカ者が!」


 バンバンと地団駄じだんだを踏む美少女。

 銀髪と巨乳が荒ぶり踊った。

 恥ずかしさとイライラの同居で、彼女は暴走しかけているように見える。


 だが、僕の次のひと言で、彼女はピタリと動きを止めた。


「うん。もちろん、よく似合ってるよ」


 その言葉を耳にすると、少女の足が固まった。

 同時に、銀髪と巨乳も落ち着きを取り戻す。

 神社に静けさが帰ってくる。


「……そっ、そうか。それはまあ、よかったぞ、時雨風月よ」


 少女の口元が「ふふっ」と小さく笑う。


 異彩を放ち続ける左手の『指ぬき革手袋』

 そこにえて触れないでおけば、彼女は文句なしに制服の似合う美少女だ。

 僕はお世辞抜きに本気でそう思っている。


 しかし、なんなのだろうか、あの手袋は?

 きっと、その答えを知るためには、彼女のことをもっと知らなければ――。


 そう考えた末、僕はこう口にした。


「そうだ、自己紹介をしようよ」

「ん? 何を言っておるのだ、時雨風月よ。この紅叢雲べにむらくもとおぬしの間に今更、自己紹介など不要であろうが」

「へっ? いや……えっと……」


 僕が戸惑う姿を見せると、少女はパンっと両手を打つ。


「おおっ、そうであったな。おぬし、前世の記憶がないと――。すまぬすまぬ。それならば、自己紹介が必要ではあるな」

「ああ、うん……。まあ、だから、とりあえず前世の話はひとまず置いておいてですねぇー、現世の話をしましょうか?」

「ふむ。そうするかのぉ」


 納得してうなずく少女を眺めながら、僕は話を続ける。


「じゃあ、僕から――。僕は印場冬市郎」

「ふむ。時雨風月は、現世では印場冬市郎という名なのか? 何年生ぞ?」

「二年生。二年二組だよ」

「ふむ、そうか。わらわと同じ二年生であったか。それは嬉しいのぉ」


 その表情から、少女が本当に喜んでいることが、よく伝わってくる。


「んっ。では、次はわらわだな。ふむ……わらわの現世での名は、瀬戸灰音せと・はいね。二年五組ぞ」

「へえ。瀬戸さんっていうのかあ……」

「ふむ。わらわとおぬしの仲ぞ? 現世では瀬戸さんではなく、灰音と呼び捨てにするがよい」


 瀬戸灰音は微笑みながら、僕の肩を親しげにポンッと叩く。


「いやー、いきなり呼び捨てはなあ……」

「よいよい。わらわもおぬしのことを、冬市郎と呼び捨てにするからのぉ。どうか、灰音と呼んでくれ」


 僕は、「コホン」と軽く咳払いをする。

 それから、なんだか少し気恥ずかしかったが、遠慮なく彼女の下の名前を口にした。


「じゃあ……灰音……」

「ふむ、冬市郎。それでよいぞ、ふふっ」


 銀髪の少女は、満足気に目を細めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます