025 『悪魔文字』と『漆黒龍皇』

 不満げに口をとがらせながら、姉は話を続ける。


「冬市郎。あんた、いったいどういうつもり? 突然、自分の恋人を家に連れてきて」

「えっ?」

「これって、恋人のいない寂しい私への当て付け? お姉ちゃん、そんなにあんたを怒らせるようなことした?」

「はっ?」


 と、僕が戸惑っていると姉の方は、さらに口をとがらせる。


「何? あんた、この子と結婚でもすんの?」

「け、結婚!?」

「違うの?」


 小首をかしげる姉に僕は、ぐぐぐっと顔を近づける。

 それから、灰音に聞こえないよう小声でぶつぶつ言う。


「……バカ姉ちゃん。違うに決まっているだろ? 僕はまだ結婚出来る歳じゃないし。それに、そもそも灰音は恋人じゃないからなっ!」

「じゃあなんで、連れて来たのよ?」


 姉のその言葉を耳にして、僕はぐったりとうつむく。

 それから、ため息をついて言った。


「はあ……。姉ちゃんさあ。ついこの間あんな話をして、こうして女の子を連れてきたら、だいたい察しがつくだろ?」

「えっ、あんな話って……何よ?」


 姉は心底不思議そうに首をかしげた。

 本当に思い当たることがない――といった態度である。

 そんな様子に僕は、「マジか、この人……」と、つぶやいて頭を抱えた。


 それから僕は、背後にいる灰音に一度、チラリと視線を向ける。

 銀髪の少女は無言で、僕と姉の様子をぼんやりと眺めながら、大人しくたたずんでいた。


 灰音をほったらかしにしているのも申し訳ない。

 だが、まずはバカな姉をなんとかしなくてはいけないだろう。

 僕は姉の耳元に口を近づけると、こう言った。


「……ほら、姉ちゃんが『本物の中二病の女の子を連れてこい』って言い出したんだろ?」


 姉は、両手をパンっと打ち鳴らす。

 巻き髪が踊り、巨乳が弾む。なぜか入り口のコウモリの赤い目が、ひっそりと光る。機械が壊れているのだ。

 だが光が地味すぎて、僕以外は誰も気がついていないだろう。


「ああっ! 言った! 確かに私、言ったわ……」


 そして姉は「あはは」と声を出して笑う。

 反省している様子はない。


「あははっ! じゃねえよっ! ……おいおい、弟が苦労して連れて来たってのに、まさか忘れていたのか? 真面目に中二病の女の子を探してきた僕が、バカみたいじゃないかっ!」


 眉間にシワを寄せながら、僕は自身の前髪をかき上げる。それから、先ほどの姉と同じように口を思いっきりとがらせた。


「なあ、姉ちゃん。とにかく僕たち、ひと息つきたいんだけど……」

「その辺の席に、適当に座ってもいいわよ?」

「お客さんは?」


 姉は包帯の巻かれた左手で、不敵に顔を覆う。


「今はゼロ……。まだ、今はな……クククッ」

「そっか……。お客さん、ゼロか」


 僕は店内をぐるりと見渡す。

 確かにお客さんは一人もいなかった。まあ、すっかり見慣れた光景である。


 この喫茶店の立地だが、それなりに交通量の多い県道に面していた。だから、条件は悪くない方だと思う。

 ただしそれは、普通の喫茶店であったらの話……。


『中二病喫茶』などという、こんな変化球のような喫茶店を流行はやらせたいのならば、やはり都心の電気街にでも出店しなければ集客は難しいのでは? というのが僕の考えであった。


 僕は姉との話を切り上げると、灰音に声をかける。


「灰音、お待たせしてすまない。とりあえず座ろうか」

「うむ」


 少女は銀髪のおかっぱ頭を揺らしながらうなずく。

 ほとんど声を出すこともなく、彼女はなんだか大人しかった。

 だが、口元は少し緩んでいる。

 僕の気のせいでなければ、どことなく楽しげな様子だった。


「灰音、どこか座りたい席はある?」

「うーむ……。あの魔法陣の中心にある席がいいかのぉ」


 店内の床には、姉の手によって描かれた珍妙な魔法陣がいくつか存在している。灰音はその中のひとつを指差したのだ。

 僕はうなずくと、灰音を連れて魔法陣の中心に設置されたテーブルへと向かった。




 床でキラキラ輝く魔法陣。

 蛍光けいこう塗料とりょうによって描かれたものだ。

 そして、その幾何学模様きかがくもようの魔法陣には、姉・美冬の手による『美冬式みふゆしき悪魔文字』が、所どころ不規則に組み込まれている。


 美冬式悪魔文字とは、『なんとなく悪魔的な感じがするそれっぽい文字』のことだ。

 わざとカクカク書いてみたり、震わせた手でギザギザ書いてみたり。

 そして時には利き手とは逆の左手で書いてみたりと、彼女が試行錯誤しながらこの世界に独自に生み出した文字である。


 しかし、その悪魔文字を理解できる者はこの世に一人もいない。

 業者に支払うお金を惜しんだ姉・美冬が自ら筆を持ち、店の床と対峙した時に、その場のノリでなんとなく考え出された文字群であり、すべて彼女のインスピレーションによって書かれたものだからである。


 その文字たちには規則性などはなく、書いた本人でさえ、いったい何がそこに記されているのか、まったく読み取ることが出来なかった。


 その昔、開店準備を進めていた当時。

 店の床に魔法陣を描き終えた姉は、ひたいの汗をぬぐいながら僕に向かってこう言った。


「……私、自分で書いた文字が読めないの。冬市郎、これ何て書いてあるの?」

「知らねえよ……」


 ずっと作業を手伝っていた僕は、姉の発言のあまりの恐ろしさに、ごくりと唾を飲み込んだものだ。


「それで、姉ちゃん。その自分で書いた魔法陣の文字を読みたいのかよ?」

「いや、別に」

「じゃあ、いいじゃねえか」

「うん」


 解読できる人間は、この世界に未来永劫みらいえいごう現れないであろう人智を超えた文字。

 それが『美冬式悪魔文字』である。




 そんな魔法陣の中心に設置された四人席。

 僕と灰音は、テーブルを挟んで向かい合わせに座った。


 店内にいくつかある魔法陣だが、実はそれぞれに独自の設定がある。


 たとえば今現在、僕たちの足下にある魔法陣――。

 これは、


漆黒龍皇しっこくりゅうおうニーズヘッグ173世』


 という凶悪な邪龍を呼び出せる魔法陣――という設定のものだった。

 もちろん、その設定も僕の姉・美冬が考え出したものである。


 しかし、中二病喫茶の開店当初には確かに存在していたその設定も、やがて時間の経過と共に忘れ去られ、今では僕しか覚えていないだろう。

 設定した姉本人でさえ、まったく覚えていない様子だった。


 そしてこの先、僕がその設定をわざわざ誰かに話すことはないと思う。

 だから、この魔法陣の設定は完全になかったことになっている――そう言い切ってしまってもよいのだ。


 そして、


『漆黒龍皇ニーズヘッグ173世は、己が即位するために父親である漆黒龍皇ニーズヘッグ172世を毒殺し、その罪をすべてお人好しで小太りな叔父の邪龍(独身)に被せた。173世は、幼い頃はその叔父邪龍に実の息子のように可愛がられ、よく飴玉なんかを買ってもらっていたにもかかわらずだ。そんな叔父邪龍は可愛らしいインコを二羽、一人暮らしの自宅で飼っていた。それなのに、処刑されたこの先、そのインコたちのエサは一体誰がやるのだろうか……』


 という、やはり姉が考え出した、ニーズヘッグ173世の邪悪さを象徴するエピソードも、もはや僕しか覚えていない。

 姉本人は、綺麗さっぱり忘れているのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます