021 夜中に自宅の洗面所の鏡から

 この部屋に、椅子はひとつしかない。

 もちろん、みどり子と二人で、再びそれに座るわけにもいかないだろう。


 そこで僕は、隣の教室から椅子をひとつ借りてくる。そして彼女と、一台のノートパソコンの前で横並びになって座った。


 緑髪の少女が、パソコンの操作をしながらこう言う。


「それでは、センパイ。まずは、『ボクが考えた本当にあった怖い話』を読んでいただきます」

「はい……」

「このブログは、本当にあった怖い話をボクが創作して、まとめたものです」


 ものすごい矛盾むじゅんを、みどり子はさらりと口にした。

 僕は心の中でつぶやく。


 ――創作なら、『本当にあった』って部分は、まるっきり嘘じゃねえか……。


 それから、恐るおそるパソコンの画面に目を向けた。



   ≪ ≪ ≪



《恐怖! ボクが考えた本当にあった怖い話》


▼ 第一話

『夜中に自宅の洗面所の鏡から白い手が出てきた。それも二本も!』


 これは、ボクの友人が話しているのをボクの友人が聞いた話です。

 ある中学生が夜中、トイレに起きました。



   ≫ ≫ ≫



「……なあ、ちょっと待って」


 ブログを読みはじめてすぐのことだった。

 僕の眉間みけんにシワたちが、自主的に集合する。


「んっ、センパイ? どうしたんですか、いきなり?」

「あのさあ……『ボクの友人が話しているのをボクの友人が聞いた話です』ってはじまり方……すごく気になるんだけど……」

「え? 何かいけませんか?」


 緑髪の少女は、不思議そうに首をかしげた。そして、オレンジ色の両目は、まばたきを繰り返す。

 彼女は、とにかく僕からの説明を待とう、といった態度だった。


 僕は頭の中で考えをまとめながら、そんなみどり子と見つめ合う。

 まばたき五、六回分の沈黙が訪れた――。


 やがて僕は、「うほんっ」と一度だけ咳払いをしてから、自分の意見を口にする。


「これ、無理して怖い話っぽく文章をはじめているから、ややこしいことになっているんだよな。思うんだけど、ここはさらっと『これは友人から聞いた話です』だけでいいんじゃないか?」

「そうですか。センパイがそう言うのでしたら、きっとそうなんでしょうね」


 みどり子は、僕の意見に素直にうなずく。


「あと、みどり子さあ……タイトルでほとんどネタバレしちゃってるけど、これはいいの?」

「へっ?」

「オチはきっと、洗面所の鏡から白い手が二本出てくるんだろ?」

「あっ…………。本当ですね。ボクもまだまだ詰めが甘いです」


 ハニカミながら少女は、舌をペロッと出す。


「いやいや、みどり子。これ、詰めが甘いってレベルじゃないよ? それと、タイトルにある『ボクが考えた』ってコンセプトはどうなってるの?」

「んっ?」

「このはじまり方だと『ボク』が考えた話じゃなくて、友人が友人から聞いた話を、ブログの語り手である『ボク』が聞いた話になっちゃってて……うーん……」


 胸の前で腕組みをしながら僕は唸った。

 それから彼女に問う。


「これって要するに、又聞またぎきってことだろ?」

「又聞き……」


 みどり子は、自身に言い聞かせるかのように、僕の言葉をそう繰り返した。

 彼女のそんな反応を目にしながら、僕はひとりごとのように、こうつぶやく。


「んっ? いや、それとも又聞きした話を、ボクが考えたってこと……なのか?」


 それから僕は、後頭部をポリポリ掻くと言った。


「おい、なんか『ボクが考えた』ってコンセプトと混ざり合って、スタートから本当に面倒臭いことになっているぞ!?」


 頭の中が、なんだか微妙に混乱しはじめる。

 そんな僕の肩を、みどり子は優しく叩いてこう言う。


「ふふっ。まあまあ、センパイ。落ち着いて続きを読んでみてくださいよ」


 僕のことを混乱させている張本人からそう言われ、少しムッとするというか、納得のいかない気持ちになる。

 それから僕は仕方なく、再びパソコンの画面に目を向けるのだった。



   ≪ ≪ ≪



 その夜、彼がトイレに起きたのは、それで三度目のことです。


「おいおい、またトイレかよ! ……神様、なんだってオレはこんなに頻尿ひんにょうなんだっ! くそっ、ちゃんと眠りたいのに、おしっこが止まらないんだっ!」


 彼は、頻尿な身体を自分に与えた神をうらみました。


 それからトイレを済ませると洗面所で手を洗い、正面の大きな鏡に目を向けます。

 その時でした。


「あれ、あれれ? 鏡から『さっき見た白い手』とは別の『太い手』が出ているぞ?」


 どちらの白い手も女性のもののようでした。



   ≫ ≫ ≫



「みどり子よ……ここでもう一度ストップだ……」


 僕は、思わず手を挙げながら、そう言った。

 それから、このブログに対する不満を心の中に隠していないで、思い切って表に出そうと考え、口をとがらせる。


「んっ? どうしました、センパイ?」

「まず……『さっき見た白い手』とは別の『太い手』って、なんだ?」

「えっ?」


 口をとがらせたまま僕は話を続ける。


「これって、『はじめて白い手が登場するくだり』を、完全にカットしちゃってるわけ? 一本目の手は、まるで描写されてないよね? どうしてなのかなぁ?」

「んんんっ? ど、ど、どういうことですか、センパイ? 何か問題でも?」


 少女はその緑色の頭を、くりんくりんと左右に振りながら、本当にわかりませんっといった表情を浮かべた。

 僕は両目を細め、天をあおいで言う。


「このブログ…………怪談で一番盛り上がりそうなところを、平気でスルーしちゃってるんだ……」


 みどり子は僕のその発言に、心底驚いたという様子だった。

 彼女は両手を、自身の口に当てる。


「……そ、そうなんですかっ!?」

「いや、だってみどり子さあ……鏡から白い手が出てくるのを、はじめて目にするときが、普通なら一番驚くところでしょ? このブログの中学生は、白い手を目にするのが二度目みたいだから、ちょっと冷静な反応になっちゃっているし……」


 緑髪の少女は、こくりとうなずく。


「あ…………。ああ、なるほど……」


 彼女はそう口にするのだが、最後に首をほんの少しだけかしげる。


「い、いや……本当にわかってる?」


 ちょっとだけ不安になりながらそう言うと、僕は再びパソコンの画面に視線を戻した。



   ≪ ≪ ≪



 彼は『最初に見た白い手』と『二度目に見た白い手』の太さが違うことが、少しだけ気になりました。

 けれど眠たかったので、あくびをしながら洗面所を後にします。


 もしこれが、手ではなく、足だったら……。

 彼はきっと、もう少し長い時間をかけて観察したことでしょう。


 なぜなら彼は、自他ともに認める無類の足フェチだったからです。


 そうです。幽霊のミスは鏡から手を出したことでした。

 ここは、足を出すべきだったのです。


 そして、彼が部屋に戻ってから一時間後に四度目のトイレに起きたときも、その三十分後に五度目のトイレに起きたときも……………………白い手はもう、そこにはなかったそうです。


〈おしまい〉



   ≫ ≫ ≫



「ねえ、みどり子……。このブログを書いてる人とキミって、やっぱり別人だよね?」

「いえ。正真正銘、このボクです」

「嘘だよ」

「本当ですって……。ところで、どうですかセンパイ? このブログ、怖い?」


 そう言うとみどり子は、僕の顔をまっすぐにのぞき込んできた。

 僕は可能な限り真剣な表情を浮かべると、ゆっくりとうなずきながら感想を口にする。


「とにかく……頻尿過ぎるよね……」

「頻尿――」


 と少女は繰り返す。


「――ああ、そうだ。頻尿だ。夜中に五回もトイレに起きていると、まあ、正直幽霊どころじゃない……。だから、怖いっていうよりも、この中学生が可哀相かわいそうって話だ」

「可哀相? 怖い話じゃなくて、可哀相な話? 怖い話……じゃない?」


 真顔で僕に詰め寄ってくるみどり子。

 少女のその表情は、自分のブログを少しでも良くしようと、読者に意見を求めるひたむきな姿勢の表れなのだろう。


 だが――。

 それが僕にとっては、なんだか怖い。

 彼女が書いた怖いブログよりも、目と鼻の先に迫った彼女の真顔の方が、よっぽど怖いのだ。


「み、みどり子よ……とにかく感想は以上だ。僕はこのブログに関しては、『もうこれ以上、何も聞かないでほしい』と思っている」

「そ、そうですか……」


 緑髪の少女は、少しがっかりした様子で、大人しく引き下がる。

 それから彼女は、再びパソコンを操作すると、


「――では、センパイ。続きましてこんなブログもあります。こちらはどうでしょうか?」


 と言って、別のブログを画面に表示させたのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます