市井秘密子の空想奇譚

作者 佐都 一

48

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

無地のページに意味がある。
物語とは文字の羅列を言うのではない。
ある時は世界を一新する視野を手に入れる事。
ある時は現実世界を疑う事。
ある時は、文字の無いところに文字を見る事。

その全てが正しくて、また正しい世界など無い事を私たちに問い掛ける。
否、問い掛けられている――と感じる心こそが、もう既に市井秘密子の空想世界の虜なのかもしれない。

★★★ Excellent!!!

その話には重要な意味があるのかもしれない。

その話に意味などないのかもしれない。

その話を読んで考えた意味も、実は見当違いなのかもしれない。

その話を読んで何も感じなくても、実は重要な意味があるのかもしれない。

あなたも周りを見回してみて。
何が見えた?
その視線の先にあるものには、いる人には、現し世ならざる『意味』がある……のかもしれない。