恐怖の五期生編①

さて、これまではパチンコ屋にまつわる、ブラック企業、シュガー社員のお話などをしてきましたが、

皆さんの想像内のお話だったのではないでしょうか?

今回は、さらに奥の奥のお話です。


今から約10年前に勤めていたパチンコ店。

そこで僕は主任をしていました。

そこの店長からある日こう告げられました。


「明日から1カ月間、本社に研修に行ってくれ!」


「何ですか、急に?」


「五期生や!!」


五期生や!と言われても意味がわかるはずがなく、詳しく聞いてみたが、

そこのパチンコ店は全国に40店舗以上を構える大手のチェーン店。

その幹部社員を育成するための研修。

だと告げられた。


面白そうだったが。

そもそも、何で僕?

選ばれたのかな?

その五期生とやらに?


その本社での研修の1カ月の間は、ホール業務から解放されるし、給料もちゃんと発生する。

別に行ってみてもいいかな?

と、思っていた。


そして、研修の当日、背広を来て本社に行くと、他店の次長、他店の主任、僕と同じように数人集められていた。

そして、見たことのない二人がいた。

「どこの店舗から来はったんですか?」


「僕ら二人は、一般公募です!」


「は?」


「タウンワーク見て、面接して受かって、この研修に来ました!」


なんじゃそら?

他店の役職者たちが数名選ばれてる中で、二人は一般公募の素人。

なんなんだ?この五期生って?


謎を含んだまま、五期生の7人は本社の会議室に通される。


いきなり!

そこのパチンコ店のチェーン店の社長と対面である。

全国に40店舗以上を構える、大手パチンコチェーン店の大社長である!

そこのオーナーから僕ら7人にお話がある。


「我が社は圧倒的な人材不足です。このような形で、未来の店長や幹部社員を育てる研修も、今回で五回目になりました。皆さんは五期生に選ばれたのです。しっかり研修を受けて、未来の店長、幹部社員を目指して下さい。」


オシッコがちびりそうな緊張感の中、オーナー直々にお話があった。


この五期生はそんな凄い集まりだったのか! 何でそこに僕が選ばれたのだろう?

そして、謎の一般人が2人?

いきなり、タウンワークで面接受けて、幹部社員の研修?

どうなってるんだ?


しかし、重い社長の言葉を受けて、僕ら五期生、7人の1カ月に及ぶ研修が始まった。


そこに、隠された真実とは??

この7人の運命は??

・・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます