嘘にて毀す衆人環視の密室

作者 ひなちほこ

幻想にて現を象る者――迷宮入りを惑う“謎”に、真なる迷宮を物語る。

  • ★★★ Excellent!!!

未知なる真相を破綻させ既知なる真実を再構築し、条理という基盤にろ過を通して真実を裁定させる。
ケレンミの利いた循環であると思います。どんな虚構も要は認めさせたモン勝ちなのさ!
そんなアウトローでダーティな作風に富んだ、アンチミステリーの醍醐味を皆さんも味わってみてください。
ではまた、本日もお疲れ様です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

たとえば人を呪い殺したとして、その行為を犯した者は罪に問われるのだろうか。あるいは犯行に超能力が使用されていたとして、それをどのように証明すればいいのか。
常識から外れた犯罪者が目の前に現れたら、そ… 続きを読む

血能集団ロンパイアさんの他のおすすめレビュー 128