無影劇団

作者 紳士帽の公爵

51

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

おぞましい興奮の絶頂から始まる物語は、幾人もの視点が交錯し、たった一つのとある事象に意味を与えるため、地獄にまっしぐら、テンポのよいセリフとともに突っ走る。
 一話の分量も少なめで、テンポよく刻まれています。カタストロフまで一気読みできます。

★★★ Excellent!!!

練習と本番。
観劇と演劇。
世界と他世界。
開幕と、そして――。

混沌とした役割のなかで、立ちすくむも騒ぎ立てるもアナタ次第。
咎める者はおられません。皆様もごゆるりとお楽しみください。
自分も楽しませてもらいました! では失礼します。本日もお疲れ様です。公爵様。