第22話

 ※風力発電所エントランスホール※



 「あなたがあんなに積極的に殺しにかかるなんてね」

 エールはしゃがみ込んだソラノに電流を放出しながら言った。電流はソラノに当たらず、その手前で弱くなって消えている。ソラノに吸収されていたのだ。

 ここは基本的に無人で稼働する発電所の為、人は少なかったが、先程の戦闘で誰も居なくなっていた。

 「…なんで…ここから移動…しない?連れて…行くんじゃ…なかったのか?雷姫…」

 ソラノは挑発的に睨みつけた。

 「フン…。さっきは危なかったわぁ…キャハッ!まさか奪命のリミッターを外して姫の雷姫のエネルギーを吸って殺そうとするなんて…久々にゾクゾクしたっ」

 エールは楽しそうに笑った。

 「ま、あなたに命まで吸われる前に、エネルギーの供給源を切り替えてよかったわ…。ある意味賭けだったケド。ギリギリ雷姫で身体の表面にシールドを形成…。私の勝ち…おかげで服がボロボロだけどね」

 エールはただの汚い布になってしまったスカートを摘まむ。

 「お前を…殺せば…私は世界の英雄だったのだがな…。だが…お前も、電池切れじゃないのか?」

 「キャハハハハハハッ!だから言ってるでしょ?エネルギーの供給源を変えたって…!そっちが雷姫を作ったのに知らないの?このESSユニットの基本構造とシステムを設計したのはオーコックス・インダストリーよ?」

 ソラノもそんなことは知っている。

 「…それと…何の関係がある…」

 ソラノは肩で息をしていた。顔も赤く、汗が大量に零れる。

 「ESSユニットはね、常に雷姫にエネルギーを供給し続ける。雷姫の為の戦闘フィールドとして設計されてるのよ!」

 「まさか…」

 「もちろん?奪われて敵になった雷姫に電力を供給するバカはいないわね…。でも現にシステムは生きていたの!キャハハッ!これで私は敵なしね!」

 「そんな……はぁ…はぁ…」

 ソラノの頬は紅く、高熱にうなされているようだ。

 「そろそろあなた、限界なんじゃないの?いったいどのくらいのエネルギーを吸収してるのかしらね?キャハハハハハッ!」

 「…リョウ…」

 「はぁ?」

 ソラノは驚いていた。ここでリョウの名前を口にするとは思ってもみなかったから。

 「…そっか…」

 そしてわかった。

 「…リョウのこと…失いたくなかっただけなんだ…」

 ソラノは自分の足を見る。片方だけになったピンクの靴。初めて欲しくなった靴。

 「リョウ…」

 自然と涙が零れた。

 「…リョウ……」

 「リョウちゃんは来ないわよ…やっぱ連れてくればよか……っ!?」

 エールが言葉を切って外を見た。ソラノも振り返る。その瞬間、入り口のガラスが派手にぶち破られた。

 「ソラノォォォォォォォ!」

 リョウが身体を丸めて突っ込んだのだ。

 「―――――っ!」

 声にならない声でソラノは叫んだ。

 リョウはガラスを割った勢いのまま構え、雷姫に突っ込む。

 〝剛天!巨星!〟

 腰を一気に捻り、勢いの乗った強烈な体当たり。翔子の見様見真似だ。

 「キャハッ!リョウちゃんっ!」

 エールは満面の笑みで両腕を広げる。当然、壁が目の前に発生し、受け止められる。

 「オオオオオォォォォォ!ラァァああああああああああああああああァァァァ!」

 最大の放電。全身全霊をぶつける。自分がもう息をしているのかすらもわからなかった。

 「すごいすごい!すごいよぉ!さっきと全然違うじゃあん!」

 リョウの電撃が壁を侵食していく。

 「リョウ…!気をつけろ!雷姫は…」

 もう少し…。そう思った。

 エールは手をかざすと手の平に電流が集まるのが見えた。

 「リョウちゃん!惜しい!」

 そう言うや否や、手の平から電撃を発射。

 リョウは電撃を両手で受ける。しかし、そのまま後方へ吹っ飛び、床に叩き付けられる。

 「…リョウ!」

 ソラノは悲鳴のような声を上げる。

 「キャハハハハハハハッ!すごいよリョウちゃん!姫のシールドを侵食するなんて!」

 リョウは起き上がり、再び接近。

 〝双天・烈突〟

 加速したまま拳を突き出す。シールドにぶつかる。

 「惜しい!」

 エールは笑ったまま手を前に伸ばし電撃を放つ。リョウに直撃。今度は放電し続ける。

 「アガァハアァァァァァァ!」

 リョウは身体を痙攣させる。

 「リョォォォォォォ!」

 ソラノも限界だった、涙で視界が霞む。

 「こうなったらリョウちゃんも連れて帰るねェ!」

 エールは物を押す動作をするとリョウが押され、ソラノのすぐそばに転がった。

 「ソ…ラノ…」

 「リョウ…」

 「だめだめぇ!そんなラブシーンはあげないよ!」

 エールはまた両手で強烈な電撃をリョウに浴びせる。

 「…か…あ…!」

 「やめてェェェェ!!」

 もう悲鳴さえあがらない。

 「いっそのこと、記憶飛んで姫を好きになっちゃいなよ?大切にしてあげるよ?キャハッ」

 「…やめて!」

 ソラノはリョウに覆いかぶさる。電撃は吸収され、リョウには当たらない。

 「っち!うっざ!」

 エールは舌打ちし、更に電撃を強くする。

 「リョウ…」

 リョウはソラノを見る。涙を零しながら赤熱した顔でいた。

 「聞いて…6つ目だ…。…私の推測…きみは…生命力をエネルギーとして…操ることが…できる…から…。だから…きみは…私に触れることが…手を…握ってくれることが…。私が触れることが…許されるんだ…ありがとう…」

 「…え?…」

 ソラノは力を振り絞ってリョウの額に自分の額を当てる。

 「私の…今まで吸収したエネルギーを…君にあげる…」

 「ソラノ…?」

 ソラノの涙がリョウの頬に当たる。

 「だから、逃げて…。生きて…欲しい…」

 「何言って…!ソラノ!ソラ…」

 ソラノはそっと唇を重ねた。本当にそっと、羽が触れたかのように優しく。

 「ちょっ……!なにやってんのょォ…」

 エールの声が聞こえなくなった。ソラノはリョウに唇を重ねたまま動かない。

 「!」

 唇から何かが流れてくるのがわかった。身体が熱くなる。命が満たされる感覚だった。ソラノの鼓動が聞こえ、感じられ、次第に自分の鼓動になってくる。

 そしてほのかに紅い光が二人を包んだ。

 「~!~!!!!」

 エールが何かを叫んで放電をやめた。

 鼓動しか聞こえない。鼓動そのものになったような感覚だ。何とも言えない全能感に包まれる。

 リョウは上体を起こすと、ソラノが力なく覆いかぶさっていた。

 「ソラノ…」

 リョウはソラノを抱きしめた。そして、そのまま抱える。ソラノは眠るように目を瞑っている。

 エールの存在を思い出し、そちらを見ると次第に声が聞こえるようになってきた。

 「何キスなんかしてんのよ!あぁ!もう殺す!あんたたち!殺すわ!ウチは雷姫よ!世界最強の!雷姫!」

 エールは腰から拳銃のようなものを二丁取り出す。

 「電撃なら吸収するでしょうけど、音速を超える弾丸ならどォ!?」

 「…」

 「何黙ってんのよ!バカにスルナァ!…こいつはね!フラガラッハとブリューナク!この雷姫しか撃てない世界で唯一の!連射可能なレールガンよ!これで跡形もなく消すから!殺すからぁ!」

 「…」

 「アアアアァァァァァァ!もう!バッカにしてんじゃないわよォォォォォ!!!!」

 エールの身体全体を電流が包み、余りの勢いに髪が強風に煽られるように逆立っている。そして、レールガンを構えた。

 発射。

 弾丸は暴風を伴い、強烈な光の残像を残してリョウの横を通過。後方の壁が粉々に吹き飛ぶ。

 あの弾丸を防ぎたい。

 リョウは意識を集中する。周囲に薄い紅のシールドが現れた。

 「ちっ…次は当てるわァ!」

 エールは乱れ撃つ。レーザーのような弾丸が殺到する。しかし、シールドが直撃する弾丸のすべてを消した。

 「こんのォォォォォォッ!」

 更に連射。すべてが同じように消え去る。

 「…」

 「なんなのよ!それ!」

 弾がなくなったのか銃を捨て、電撃を両手で放つ。

 「なんなのよォォォォォォ!!」

 電撃はシールドに当たり消えていく。

 「…雷姫、もう終わらせる。お前に時間なんか…かけていられない…」

 リョウがそう言うと同時に、目の前の空間に小さなホログラムのような円形のスクリーンが現れる。そこには何かの記号がビッシリと映っていて、数式のように並んでいた。

 「なによそれ…」

 それが小さな光の球の形にまとまる。

 「俺は…これがなんなのかはわからない…。だけど、どうすべきかはわかる…」

 リョウの目はその光球と同じ色に染まっている。

 「…何言ってんのよ!」

 「…」

 光球は何かの唸り声のような低い音を発し、光を集束させた。

 次の瞬間、凄まじい轟音と共に光球から極太のビームが発射される。

 「…ひ!」

 エールはシールドを展開する。しかし、それはビームを受けきれず、薄いガラスのように砕け散る。エールは横に跳んだ。そのビーム一直線に進み、建物に大穴を作った。

 「なによ…なによそれ…なによなによ…」

 「…」

 光球が振動し、連鎖して分裂する。光球は一つずつ増えていき、8つになり円を描いてリョウの前を回った。

 「…キャハハハッ!なにそれ!リョウちゃん…!気に入った!気に入ったわよ!」

 「そうか…」

 8つの光球が回るのを止め、ピタリと止まる。そして、再び唸りを上げ、一斉にビームを発射。

 「っ!」

 エールは両手を広げ、電撃のシールドを展開する。これまで最大のエネルギーを使ったのか、壁の向こうが曇って見えない。

 リョウのビームとエールのシールドが衝突。一度シールドが受け止めたように見えたが、すぐに粉々になる。

 「マジ…。キャハハハハハッ!…リョウちゃん…また逢いましょ!…キャハハハハハッ!」

 エールは光に包まれる。ビームはシールドを越え、エントランスの壁を突き抜けていった。

 「…俺はもう会いたくないね…」

 リョウは吐き捨てた。

 エントランスが一気に静まる。聞こえるのは瓦礫が転がる音だけ。

 「…」

 腕の中のソラノを見る。

 「ソラノ…やったよ…ありがとう終わったよ」

 リョウはソラノをゆっくりと床におろし、その頬を触る。温もりを感じた。眠っているようだ。

 「もう…ずっと此処にいていいんだよ…ソラノ?」

 ソラノはよく見ると呼吸をしている動作をしていなかった。リョウは胸に耳を当てた。

 「…」

 「ソラノ!」

 ソラノの鼓動は止まっていた。

 リョウはソラノの身体を揺らし、呼びかける。揺らされて腕が力なく下に垂れた。声が静かなエントランスに響く。

 「ソラノ…冗談だろ!?おい!」

 涙が溢れてくる。止まらない。

 「生きてって言ったのはそっちだろ!?生きてるよ!なんでソラノが…!」

 リョウはソラノを力いっぱい抱きしめた。温かい頬が当たる。

 「俺が命を吸ったのか?なぁ!?」

 「ソラノ…返事してくれっ!」

 リョウはソラノの状態を起こして問いかける。ソラノは当然返事をしない。

 「なぁ…やっとソラノのことわかったのに…ここで終わりたくないんだよ…」

 涙が零れてソラノの頬に何度も当たる。

 「言いたいこと…いっぱいあるんだ!ミズキから聞いた…俺は…ソラノの気持ち知らないまま、此処にいればいいとか、戦えるとか言ってきた…。ごめんな…ソラノは俺のこと、大切に考えてくれてたから…自分から離れるって言ったんだよな?寂しいよな…誰の傍にも居られないなんて、触れ合えないなんて…。だから、俺は…さ、ソラノに触れられる俺だから、尚更、一緒に居てあげたい…。いや、一緒にいたいって思う」

 ソラノの顔の美しさは、残酷にも命のない人形のように見えた。

 「これからなんだよ…!人のことばっかり想ってたソラノは、これから幸せになっていかなきゃいけないんだよ!…なのに…なんで!」

 リョウはソラノの身体を強く抱きしめた。そして、ガラス張りの天井を仰ぎ見た。丸い満月が二人を照らしている。

 「お願いします!ソラノを!ソラノを返して下さい!俺はいい…。俺はいいです。俺のをあげます!俺もソラノに!」

 リョウの身体を激しい光が包んだ。

 「…生きて欲しいっ!」

 リョウの光が輝きを増していく。先ほどの戦いで全部使い切ったはずなのに、力が奥底から湧いてくる感じがした。

 その時リョウは、思い出す、どうやってソラノが力をくれたのか。

 「眠ってる時にごめんな…」

 大丈夫。集中してイメージすればできる。エネルギーを、命を返すイメージ…。

 リョウは、ゆっくりとソラノの唇に自分の唇を重ねた。

 光が二人を包んでいく。

 光は膨れ上がり、エントランスに光の柱を作った。

 月へ繋がる塔のように…。

 

 

 ※※

 


 「…う…ん…」

 ソラノは目を開いた。長い間眠っていたような感覚だ。

 「…あ…」

 身体に重みを感じる。見ると、リョウが覆いかぶさっていた。

 「リョウ…」

 ソラノは周りを見渡す。先程までいたエントランスホールだったが、雷姫はおらず、瓦礫が散乱して、そこらに大穴が開いていた。ガラス張りの天井からは、暗くなりつつある空があった、月はもう、その輪郭をハッキリさせて照らしている。

 「リョウ…?」

 リョウは目を瞑っていた。ソラノはリョウの身体を揺さぶる。

 「起きろ。リョウ」

 リョウは起きることなく動かなかった。

 呼吸を感じられなかった。鼓動を感じられなかった。

 「…!きみは…」

 ソラノは口が開いたまま震える。リョウの頭を撫でた。

 「…きみは…。きみは…」

 それから先の言葉が出ない。涙だけ止まらずに溢れる。

 遠くからソラノの名を呼ぶミズキの声が聞こえる。

 「…きみは…」

 ソラノはリョウを強く抱いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る