四場 騎士団長ハーデン・ヴェイル


 私とイリーナは馬車に乗せられ、王宮へと向かった。


 帰還というよりは連行と言えば打倒なのだろう。

 私は半ば死にかけていて、仲間はイリーナが一人だけ。


 こんな状況だというのに、私は彼女に寄りかかって眠りに落ちていた。


 刑場への道中。就寝する死刑囚などがいるだろうか?

 いいや、私は罪人ではない。凱旋する女王なのだ。


 そして、これから暗殺事件の黒幕を糾弾、失脚させ体制の正常化を行う。

 そういう気概でいなくては。


 信じる心が力になる。イリーナがいつも言っていることだ。



 道中、トラブルに見舞わられることもなく王宮へと到着する。

 通されたのは円卓の間だ。


 これがダーレッドだったならば、謁見の間にでも呼び出して王座にふんぞり返るなどのパフォーマンスがありそうだった。

 それが平時通りの会議室。そういう処にハーデン団長の底知れなさが感じられる。


 それらはイリーナの口から出た感想だ。



「それにしても。ラスボスのステージが会議室だなんて、それで大丈夫なの?」


 ボヤくイリーナが何を心配しているのかは解らないけれど。

 たぶん、面白いとか面白くないとかの話だろう。



 私たちはマックサービス騎士長と、ヌラウス騎士長に半ば追いやられる形で、会議室へと踏み入った。


 そこにはハーデン団長とメジェフ騎士長が待機していた。


「……おお」と重く呻くと、「陛下!」と叫んで。

 血相を変えたメジェフが、真っ先に私へと駆け寄って来る。


 その姿に私は安堵した。


 あんなにも彼の助言を無視し、邪険に扱ったにも関わらず。

 彼は今でも私の味方なのだ。


「すぐに寝室へとお運びいたします。ハーデン団長、治癒術師の手配を!」


 しかし、騎士団長は騎士長の申し出を却下した。



「待ちたまえメジェフ騎士長。事はそういった段階ではないのだよ。まったく、察しの悪い老人だ」


 衝動のままに反論しようとしたメジェフを、イリーナが制する。


「ただいま、おじいちゃん」


「イリーナ。これは、どういうことだ?!」


 焦らなくても全て明らかになると、イリーナはハーデンへと向き合う。



「勇者イリーナ。まさか貴方が一緒だとは。


 ところで我が息子、ダーレッドは何処に?」


「ティアンに手をあげたから、僕が首を跳ねた。一騎打ちでだ」


 衝撃的な内容にもハーデン団長は動じない。


 結末はすでに察していた。

 しかし内容には驚嘆したという様子。



 一番驚いたのは、たったいま全てを知ったばかりのメジェフだ。


「なんと……。ダーレッドがこれを……。どういうことだ、ハーデン!」


「静粛にだ、メジェフ騎士長。全く君は愚鈍だな。これまでろくに出世をして来なかったのも頷けるよ」


 気色ばむメジェフ。

 イリーナが簡潔な説明をする。


「大陸一の国土と軍事力を誇ったアシュハ皇国。それを正面衝突せずに陥落させる為、ハーデンはデルカトラが送り込んだスパイだったんだよ」


 一瞬の冷たい硬直が、イリーナの持ち込んだ情報の成否を決定づけた。



「父はそうだったね。私はどっちでも良かったんだよ。

 息子は王に拘っていたし。アシュハが安泰なら統治してやろうという気概もあった」


 ハーデンの父親はデルカトラのスパイがアシュハの貴族に産ませた子供だ。



「でも、アシュハは火の車。それに乗じてマウ王国が侵攻を開始。

 危機感からあんたはデルカトラと密約を交わした。


 マウとの戦争が敗色濃厚になれば、アシュハをデルカトラに明け渡すと」


 大国との連戦になったマウ王国が撤退すれば、デルカトラは一気に三倍の国土を手に入れる。


「折りよく事を進める為に、戦争が終わる前にはティアンを失脚させなくてはいけなかったんだね」


 イリーナが計画を暴露したところで、ハーデンの余裕は崩れない。


「驚いたな。全て筒抜けじゃないか、どんな魔法を使ったのかな?」


 言い訳がないどころか、軽く肯定して見せた。

――勝負はすでに決しているのだと言わんばかりに。



 次の瞬間、マックサービスに殴打されてイリーナが転倒する。


「痛ったい!? ちょっ、暴力反対!!」


「イリーナっ!」


 駆け寄ろうとする私とメジェフの間に、ヌラウス騎士長が割って入る。


「おとなしくしていてもらおう」


 私は床にへたり込み意識を保つので精一杯。

 イリーナはマックサービスに捕えられ、メジェフはヌラウスに睨まれている。


 私達はあっという間に制圧されてしまった。



 ハーデン団長は床に押さえ込まれたイリーナを見下して言った。


「キミは不思議な人物だなイリーナ。厄介祓いが出来たと思えば、何故かスマフラウにいたはずの君から秘密が明かされてしまう」


 ハーデン団長の言う通り、スマフラウは完全中立地帯。

 アシュハの外なのに加えて、東に位置するデルカトラとはまったくの真逆に位置する。


 デルカトラとの関係が明かされるには不自然な位置関係だ。


「あんたほどは不審じゃないねぇ。デルカトラのスパイさ――痛ったい! 痛い痛いってばっ!」


 不遜な態度のイリーナ。マックサービスがその腕を捻った。



「陛下がさっさと息子と婚姻を結んでいれば全ては穏便にいったのだ」


「いやいや、女一人まともに口説けない出来損ないを作ったあんたの落ち度でしょ?」


 イリーナはチラチラとマックサービスの様子を伺いながら、ハーデンに罵声を浴びせた。


 ハーデン騎士団長は、初めから息子などいなかったかのように動じる様子もない。



「全ては、国の衰退を憂いての愛国的行動だよ。


 無能の少女がトップだというだけで、国が舐められる。

 結果、マウは調子に乗り、民衆も反抗的になった。


 それは当然だ。これだけ落ちぶれれば不満も募る。

 だから正義に基づいて、私が代わってやろうと言うのだ」


 ハーデンの口調は自信に溢れている。


 それは正義だからか。

 少なくとも、私から見ても大義はあるように思える。


 彼がデルカトラ国と結託さえしていなければ、私は反論の材料すら見つけられなかった。

 民衆の支持さえ得てしまえば、彼の行為は極めて正当。


『それは、国を滅ぼしたあとの言い訳になるのですか?』

 あの時にそう言って、私がメジェフを黙らせたのと同じことなのだ。



 道中、イリーナは言っていた。


『騎士団長が女王を失脚させた後、民衆の支持を得るのは簡単だ』と。


 一番偉いやつが最強である。一番偉いやつはきっと悪人である。

 それらの先入観は願望として優先される。


 そして下克上にはカタルシスが伴う。


 事実は、ひ弱な女子を屈強な戦士が捻り殺した。

 それだけの出来事になのに。


 しかし、カタルシスを得るために不都合な情報は黙殺される。


 いつだって、人は自分に不都合な情報は黙殺して来た。

 自分が優位になる情報が全てであるかのように吹聴し、結論を誘導してきた。


 例えば、私が暗君である事だけを判断材料に。

 ハーデンがデルカトラのスパイである情報は明かされないまま民衆は決断を迫られる。


 この世に公正などというものはない。


 それに拘って生きる者は、きっと地獄を見ることになる。

 きっと、悪魔と契約を交わす程に追い込まれるだろう。



 自らの正当性を主張したハーデンに対してイリーナが反論する。


「どっちが正しいかなんて興味ないね。


 正義なのは上手くいってる間だけ、失敗した時点でお前も悪なんだから。


 それに、あんたの立場から出たのがその結論じゃあ僕はシラケるばかりだ。


 だって、その立場からだったら誰だって同じことを言うに決まっているから。

 お前がティアンの立場からその言葉を言えたなら、僕も少しは感動したに違いないのに!」


 場の殆どの者が、彼女の主張の意味を理解出来ずに首を捻っていた。


 それもその筈だ。


 国の命運について問われているこの場で、イリーナは『面白いかどうか』の議論を展開しているのだから。


 会話がまったく成立していないのだ。


 今、この空間で彼女に対して無根拠にも頼もしさを感じているのは、私一人に違いない。



「今日は懐に余裕があるから高い肉を買いましょう。そんな話に誰が感動するの?


 ああ、するのか。あんたに嫌われたくない馬鹿のお仲間が――ッ!?」


 そこまで言った所で、マックサービスがイリーナの腕を捻りあげた。


「折れます!! 痛いです!! 折れますからぁぁぁ!!

 さすがハーデン様は全面的に正しいぃぃ! 全部あなた様のおっしゃる通りでござ、痛ったぁぁぁいっ!!」


 もがくイリーナ。しかしガッチリと押さえ付けられ、足がバタつくだけで上体はビクともしない。


「……なんなのだ、その態度の落差は?」


「だって! 賛同なり賞賛が欲しくて、わざわざ成功者特有の上部をさらっただけの小理屈でマウント取ろうとしてくる訳で――だばっクッ、ごべんなざいッ!!」


 強気に語っているかと思えば、突然へりくだる。

 その忙しなさは、ハーデン団長を困惑させる。


「よくも途切れずに多彩な罵倒表現が沸いて出る。

 腹が立つ以上に感心が先に立つ程だ。


 痛がる素振りもイラつかせる為のテクニックなのだろう?」


「本当に痛いんだよッ!! あんたらが思うよりずっと脆く出来てんだから、加減してくださいお願いしますからっ!!」


 イリーナは完全に泣いていた。


「ひぃ……ひぃ……やだぁ、こんなかっこ悪いラスボス戦はいやだぁ……」


 そうボヤきながら、痛みに大量の涙を流していた。


 いっぱいいっぱいな彼女に代わって、私はハーデンに訊ねる。


 これは最重要事項だ。



「黒騎士の正体は、貴方なのですか?」


 彼が、私に近しい者達を次々と暗殺していった張本人なのか。


「だとしたら? まさか知的好奇心を満たすために大人しく連行されて来たのかな。

 相手の手中に落ちれば、無事に帰れる保証は絶望的なのに」


 否定をしなかった。


「それは肯定と取ってよろしいのですか?」


「私と決闘して、確かめてみてはどうかね?」



「――ブフッ!」


 何が面白かったのか、ハーデンの挑発にイリーナが吹き出した。

 その無礼を咎めてマックサービスはイリーナの後頭部を殴打する。


「グフゥ!!」


 大人しくなるイリーナ。

 ハーデンがいい加減にイラついた様子で問いかける。


「何がおかしいのかね?」


「ごめんなさい。女の子相手に何をイキってんだと思って……。

 でも、ご覧の通り僕たちの敗北ですので、笑って悪かったです、ハイ」



 潔すぎる敗北宣言。謎の余裕。

 ハーデンはイリーナに対して不気味なものを察知する。


「……何か、隠しているな?」


 訝るハーデンに対して、イリーナは首を捻った。

 床に押し付けられている姿勢と、不適な態度のギャップが滑稽ではある。


「隠している。と言うか、とっくに計画が頓挫してるのに、この騎士団長は呑気だなと思ったら笑けるっていう」



 ハーデンの計画は頓挫している――。


 女王派の側近を排除し、権力を手中に収め、民意も手中に収まりつつある。


 彼はすでに実質の最高権力者だ。

 いざとなればデルカトラの軍隊を横断させることも出来る。


 あとは目の前の小娘を捻り潰すだけ。


 この状況をどうすれば覆せると言うのだ。



「虚言だな? それにしても勝利宣言とは恐れ入る」


 ハーデンは信じない。

 しかし、イリーナはその世迷い言にしか聞こえない話を続ける。



「僕は敗北した。アシュハも敗北すると言えるかもしれない。

 けど、あんたの計画はとっくに実現不可能になった。


 あんたが騎士団長だろうが、たとえ王様だろうが。

 デルカトラの兵はアシュハの国境を跨ぐことは出来ないんだ」


 イリーナの話を聴く限り、それは逆転の秘策でもない。

 敗北宣言とも取れる。


 それでも、死なば諸共。ハーデン・ヴェイルの思い通りにだけはならないと。

 そういう風にしか受け取れない。



「国境はヴィレオンが守っているからか?

 関係ない。俺が国王になったら権利を剥奪し、奴はお役御免だ」


 真意を引き出そうとするのは、不安だからだ。

 それを煽る空気感をイリーナは纏っている。


「さて、僕の話が聞きたくなったろう?

 でも僕は簡単には話さないぞ。まずは僕らの身の安全を保証して、すぐに治癒術師を手配し――」


「マックサービス、吐かせろ」

「ちょおっ!?」


 マックサービスがサーベルを抜き放つ。


 主導権を握ったかと思った次の瞬間。

 ハーデンは強硬姿勢に打って出た。


「ちょっ!? 痛い、やめて、話します!! 話すから酷いことしないで!!」


 イリーナの命乞いを無視し、マックサービスはサーベルを振り上げる。

 私は「やめなさい!!」と、できる限りの声でそれを咎めた。


 そんなものが通用するはずもない。


 次の瞬間には切り落とされた手首が床を転がっていた。



「ぎぃあ、あああああッ!!?」


 悲痛な叫びが室内に響く。

 切り落とされた切断部を抱えて、ヌラウス騎士長が絶叫していた。


 落ちたのはヌラウスの手首。

 落としたのは、メジェフの剣。


 メジェフは間髪入れず、サーベルでヌラウスの首を跳ねとばす。

 そして止まることなくマックサービスに接近。


 イリーナを取り押さえ、膝立ちのマックサービスにサーベルを振り下ろす。

 マックサービスは反応するが、迎え撃った切っ先を躱され、なす術もなく頭をかち割られていた。


 あっという間の早業だ。



「メジェフ……。この、老ぼれが……!」


 側近を一瞬のうちに葬られたハーデンが、怒りも顕にメジェフを睨み付ける。


「ハーデン。わしは確かに愚鈍だよ。頭の回転も良くなければ、生まれも良くない。しかし、伊達に今日まで生きてはいないな」


 老騎士メジェフはそう言って、サーベルを逆臣に向かって突きつけた。





  『主役の尊厳』▶︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます