第18話 教師データ

「まだあるんですか?」

高崎くんがシンプルに聞く。


「これは普通の方法じゃできない」

僕は瞳の中の画像を拡大する方法を考えて言った。


===

「普通の方法じゃできない?」

美少女警官の高崎くんは、僕の言葉を反芻した。


「ああ、教師データが特殊だからか」

佐々木が僕の話を聞いて頷く。


「そう、これは笑顔とかと違っていてすでにあるモデルを使い回すことができない」

僕は、佐々木の質問に答える。


「教師データってなんですか?」

高崎くんは僕らに聞いた。


「うん、ざっくり言うと、さっき高崎くんが言っていた、モザイクになる前となった後を集めると言う話だね」

僕が説明する。


「え、さっきのモザイクのデータをそのまま使えないんですか?」

高崎くんが聞く。


「うーん、本当にいい質問だね」

佐々木は感心する。


「そう、いい質問。実は、使えないは言い過ぎで、使えるかもしれないし、使えないかもしれない」

僕はそう説明する。


「え、わからないってことですか?」

高崎くんが聞き直す。


「そう、機械学習は、普通のエンジニアリングと違って、試してみるまで、成功するかしないかわからないんだ」

僕はそう説明する。それが機械学習の面白いところではある。


「そんないい加減な!!」

高崎くんは笑う。


「でも、機械学習というのはそういうもので、人間とは違う解釈をコンピュータというロボットにさせるので、それをかけてみるまでわからないんだ」

僕が言う。


「その試してみるのにどのぐらいの時間がかかるんですか?」

高崎くんが僕に聞く。


「うん、さっき佐々木が例に出していた、大規模サービスのレコメンデーションだったら、1日ぐらいかかるね。しかも、それは今まで計算していた部分は使いまわしているから、初めてのものだったらもっとずっとかかる」

僕はざっくりと、高崎くんに説明した。


「そうなんですか?」

高崎くんは聞き返す。


「そうなんだ、サービス面から考えた場合、本当はリアルタイムに計算したいぐらいなんだけど」

僕はそう説明する。


「どういうことですか、一日に一回しかできないというのは・・・」

高崎くんが聞く。


「この、『あなたが買ったものを買っている人はこれも買っています』というのは大体1日遅れで出ていることだね。五分前に、同じものを買った人の行動は多分計算されていない。でも本当はやりたいよね、その情報が一番似ているはずなんだから」

僕はそう説明する。


「そうですね。今これを欲しい気分の人が一番似てますもんね」

高崎くんはそう言った。


「そう、つまりそのぐらい時間がかかるものなんだ、機械学習は」

僕が説明した。


「そして、ここからが本題だ。今回の超解像を実現するには、他の人が集めていない教師データが必要だ」

僕が説明する。


「あ、わかりました!」

高崎くんが手を合わせて喜びながら言う。


「え、ほんと?」

僕は聞く。


「瞳の中の写真がたくさん必要なんですね!」

高崎くんは理解した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます