第2話 理系のコミュニケーション能力

「ほら、簡単だっただろう?じゃ、現場に向かおうか」

僕たちは瞳が写した場所に向かう。


===


駐車場に向うため部屋を出た。

そして、エレベータを待つ。


「さて?この事件は何なんだっけ?」

と僕が聞く。


「やっぱりなんにも聞いてなかったじゃないですか!!これだから学者は!!って言われるんですよ!」

とプンプン怒りながら言う彼女。


彼女の名前は高崎菜々。

『特別犯罪研究室』に警察側から派遣されてきた。


事実上僕のアシスタントということになる。

警察と僕らの潤滑油的な存在だ。

警察側の情報は基本的に高崎くんからもらう。

ある種の翻訳機でもある。


「やっぱりそんなこと言われてるの?」

と僕が笑う。


今時そんなこと言われるのか、大学の先生って。

21世紀も始まって10年以上たってるのに。


「わりと僕ら世代はそういうの言われないんだけどね。」

と僕は言う。

僕らよりずっと年上の教授たちじゃないのだろうか。

そういうことを言われる人たちは。


「先生、お幾つでしたっけ?」

高崎くんが聞いてきた。


「今年35歳になったよ」

と僕は答える。


「私より10歳上ですね。10歳くらいなら問題ないですね!」

とニッコリ笑う。


「十分問題あるだろう・・・」

と僕は言ったが、何が問題ないのかは深く考えないことにした。


「なんの話だっけ?ああ、僕ら世代の研究者は、そんなコミュニケーション取れない代表みたいな感じじゃないよ、という話だった」

と、元の話に戻す。


「まぁ、たしかに『ザ・石頭』って感じではないですよね。佐鳥先生は」

と高崎くんも考えなおしてくれたようだった。それにしても、『ザ・石頭』って面白い表現だ。


「だろう?とくに『ヒューマンコンピュータインタラクション』の分野は若い人が多いしなぁ」

と僕は言う。


「あ、そうなんですか?」

と、高崎くんが聞く。


「そうだね。僕らの研究はだいたい動画作ったりするし、プレゼンが下手な人とかほとんどいない」

この分野はかなり若い分野なので、若者が活躍しやすい。


「それ、理系の中では、コミュ力があるって話ですよね?」

と高崎くんは気がついた。


「私達の体育会系に来たら、大変なことになりそう!」

と高崎くんは笑う。


「確かに!それは盲点だった。やっぱり君はなかなか頭いいね」

と、僕は素直に感心した。


「そうですよ!日本で一番良い大学を出て!空手で日本一!そして美少女です!神が3物も与えてくれたんです!!」

と屈託のない笑顔で高崎くんが笑った。

ちゃっかりと調子に乗る高崎くんだ。


「それ、自分で言わなきゃいいのに・・・」

と、僕は言った。

「謙虚って単語知ってる?」

と僕が聞いた。


満面の笑みで

「ヒューミリティですね」

意味ではなく、英単語を答えてきた。

これは彼女なりのジョークだろう。


「さすが日本で一番いい大学を出てるだけはあるなぁ」

と僕は笑った。


そして、僕らは、車に乗った。現場に向う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます