うさぎの骸

作者 小谷杏子

確かな描写で綴られた深い謎を探るダークファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

平和な「新緑の村」で暮らす少年・イラ。
幼馴染の少女・リフに一生に冒険に行こうと誘われた先は、最近、殺人事件が終わったばかりの、村のそばにある恐ろしい「魔女の森」。

無茶を言うリフを止めきれず魔女の森へ入ったイラは、運命の渦に巻き込まれていく……。

文章力が素晴らしく、作品の世界観にどっぷりと浸れます。
どことなく古き良きファンタジーを連想させる世界を彩るのは、個性的な登場人物達。

個人的には紅鴉と三毛猫の二人のやりとりがすごく好きです!

どの登場人物にも、隠された過去があり、それらが複雑に絡まりあっていると感じさせられる物語。
ダークファンタジーがお好きな方は、ぜひご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 330