うさぎの骸

作者 小谷杏子

他人の嘘が見えることは、罪なのか――――?

  • ★★★ Excellent!!!

 クラシカル異世界ファンタジー。初めて読んだそれは、とてつもなく面白かった。世界観は確かにクラシカル。しかし、ここに出てくる登場人物たちは非常に個性豊かで、思わず前のめりになって一気読みしてしまった。小生は特に兎、猫、鴉の面々がお気に入りでした。題名にもなっている「うさぎ」は、多くの神話・伝承においてトリックスターであると同時に、とても両義性のある動物で、「王」の属性を持っている。まだ完結していないが、ここまででも十分に面白い作品です。
 作者様の文章もとても美しく、明快で分かりやすい文章に引き付けられました。この物語の鍵である「嘘」。それを見抜いてしまうことは果たして罪なのか?
 多くの人に読まれているこの作品。あなたも是非!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 769