常夜ノ国ノ天照

作者 モロクっち

1236

426人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

書籍版にも目を通しましたが、素晴らしいの一言。この作品から作者様のファンになりました。
背景描写や心情描写はさることながら戦闘描写の鮮やかなこと!効果音の使い方や表現の仕方は天晴れです。そして、誰1人として存在感のないキャラクターはおらず、台詞回しがかっこいい(しかも男性キャラの年齢層が高くて最高!)。もちろん、グロ表現、メリーバッドエンドと少々読む人を選ぶのかもしれませんが、個人的にはあれはハッピーエンドです。
最後に作者様執筆お疲れ様でした。本当に素晴らしい作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

――

幻想的な世界に迷い込み、
そして不可思議なことが次々と起きて
笑顔になり、哀しくなり、切なくなり。

自分が思うままに、事が進めばどんなに幸せなことか。
でもその通りに進まないからこそ、
そこにまた新しい幸せの形があるんだと。

儚く切ない美しい物語。

とても素敵な作品でした。

私個人としてはモロクっちさんが描く
オヤジ達大好きだなぁ~^^

★★★ Excellent!!!

――

twitterのRTでURLが回って来て、ちょっと読んでみるか~という軽い気持ちでURLをタップしたのが運の尽き(良い意味で)。読み出したらもう指が止まらず、読み終えるまで目が離せませんでした...。傑作中の逸品です。もう数回読んできます。書籍化とか...しませんか...。




おっさんパラダイスでウハウハでした。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

――

私の中で、1番心に深く刻まれたお話でした。

本は好きで、よく読みます。でも、この表現が高度だとかそんなことはまだ分かりません。現代文で読んだどこかの評論には、本は読めば読むほど自分の中の面白さや良さがわかっていくものだと、読まなければ価値観の基準はできてこないのだとそう書いてあった気がします。私の基準はまだ出来上がっていません。読んだ冊数が少ないし、偏っていると思うから。だから、今の私の良し悪しは「心に刺さるものがあるか無いか。」「咀嚼できない、小説の奥の意思があるかないか。」だと思っています。

それを踏まえて、心に深く刻まれた小説でした。

設定も面白いし、一気に読み進められるテンポの良さ、感情移入のできる親しみやすいキャラクターも全て良かったです。こういう神様の介入があるようなお話、どうにもできない何かの中で、どう生きていくか、というようなお話はよくあると思いますが、私はこのお話がとても気に入りました。

初めて愛を知る。
温かさを知る。

そして、それを失う悲しみも。

いつか、心の奥底がじんわりと滲むようにあったかくなる愛を知ることができるでしょうか。そう自分と重ねて読んでしまいました。

この世はいつも昔もままならない。でもそこに幸せはきっとある。それを大事に生きていければいいさ、そう言われた気がしました笑

私もたこ焼き食べて頑張ろう。

★★★ Excellent!!!

――

全体的に重い雰囲気をメインの世界軸にしているのに、テンポ良く読むことが出来る。
あらゆる意味で「読ませる」力のある方だな、と思いました。
全ての方が好む作品ではない。
でも、私はこの作品に出会えて、本当に良かった。
全体を通して暗い雰囲気の作風ですが、それこそが一番の魅力です。

★★★ Excellent!!!

――

幻想的でどこかノスタルジックな世界観と、わけありで魅力的なキャラクタ達に一喜一憂させられながら一気読みしてしまった。
一気読みし終わった今でも、どこに感情を置けばいいのかわからない。良くも悪くも、物語に振り回されます。
物語は、ある種の毒を持って読者を翻弄してくれるので、耐性がない人は注意が必要かも。
この小説を言い表す良い言葉が自分の中に見つけられないのが、本当に残念。
願はくは、常夜ノ国に幸あれ!

★★★ Excellent!!!

――

文章の読みやすさ、ギャグのわかりやすさから作者様の丁寧な配慮が伺えます。
でも、そこから飛び出してくる、世界観が何と言っても圧巻です。一つ一つのキャラクターや描写の個性が、殴りかかってくる感じ。
ダークなのに、どこか懐かしくて暖かい。そんな世界が好きです。

★★★ Excellent!!!

――

不気味で理不尽な世界観とバイオレンスな展開はもちろん魅力的ですが、脇を固めるノスタルジーと趣味的な愛情がとても印象的です。
やけに細かい旧車の設定、読んでるとお腹が鳴りそうな食事風景。血と暴力と理不尽に満ちたシーンの合間合間に挟まれる、そういったディテールが、この物語ならではの魅力なのでは、と思います。もちろん個性豊かなオッサンも。

★★★ Excellent!!!

――

完結まで待って一気読みしました。
最初から最後まで一切退屈させられず、ラストに近づくにつれ文字を追うのがもどかしいほど引き込まれていました。
物語を読んでいるはずなのに、物語の向こうから読者を「見ている」という仕掛けがあって、ぞくりとさせられました。
そういった仕掛けも含めて、ただただ上手いなぁと、やられたなぁと、読み終えて嬉しくなりました。
散々絶望させられたのに、読後感は驚くほど爽やかです。
読み終えたら誰かと語り合いたい、そんな素晴らしい物語でした。

★★★ Excellent!!!

――

面白い、その一言につきます。
主人公とともに、あっという間に常夜の国へ引きずり込まれます。
寝食を忘れて読みふける、そんな作品に久し振りに出会いました。
これからも更新を楽しみに、物語を追いかけていきます。

★★★ Excellent!!!

――

いきなり異世界に連れてこられ、理由を聞く前にどんどん、なす術もなく巻き込まれていく。無駄な話はほぼ一切ないように思います。それ故のスピード感、疾走感。あまりに早くて不安になるくらいです。
ずっと主人公兼ヒロインの女の子があまり悩みこんだりせず、強いのが特徴でしょうか。日本刀を振り回して闘う少女に、魅力を感じざるを得ません。カッコよさ、かわいさ、両方をキチンと感じられるのに、うざったくもじれったくもなりません。
そして、周囲の人たちの個性の強さ!
誰一人として「普通」な人がいないような、しかしみな魅力的で、賑やかな人たちです。彼らの行動一つ一つに妙なリアリティがあり、会話に思わずクスッと笑わせるものもあります。全体的にシリアスな雰囲気が漂いますが、そういうところで少し息抜きをしつつ読んでいます。
本当に続きが気になる作品です。

★★★ Excellent!!!

――

書店の棚に普通に置かれるレベルです。
この方にかぎっていえば、文章や技巧についての考察は不要、手放しで物語を楽しめますので、後はただただ単純に、読者の好みの問題です。

物語としては、しょっぱなから急展開、問答無用で不可思議な世界に引っぱりこまれます。
が、実際にお読みになった方がいいでしょう。百聞は一見に如かず、といいますから。

ただし、グロや擬音が苦手な方は要注意です。

★★★ Excellent!!!

――

古い街並みのノスタルジックなにおいまでも漂ってくるようです。
ススキが波打つ音が耳を撫で、赤い提灯のあかりが影を落とす。読んでしまえば、常夜の世界に一瞬で染まります。
それをスパリと断線させる、チョキンという音。

世界観や物語の構成、キャラクターたちのかわいさ(オヤジたち、本当にかわいい。鍋屋行きたい)は折り紙つきです。

そしてクーパーさんに死んだ(ずるい)。

また、こちらの作品を良いと思った方は、ぜひ他の諸口正巳作品を読んでみてください。どれも最高ですよ!

★★★ Excellent!!!

――

異界のシステム、個性的なおじさまたち、彼らの役目と宿る能力。
朝が来ない異界の街並みはまさしくファンタジー。迫りくる『悪い狐』たちはただただおぞましく、『良い狐』たちと絆を深めて攻略していくさまは恋愛シュミレーションのゲームのようでもあり、刀を持ったヒロインと狐たちのバトルシーンは、異能アクション漫画のようでもあり、暁が抱く苦悩は、かつて誰もが抱いた青春の揺らぎです。

この作品で迷っていたカクヨム登録を即決しました。諸口さんなら絶対面白いっ!という期待を裏切らない読後のドキドキ感でした。応援しています!

★★★ Excellent!!!

――

マウスホイールを二度回しただけで――
作品に引きずり込まれた感じです。

どろどろとしたホラーの中で輝く
魅力的なキャラクターと能力。

日常回ではほんのり暖かく。
戦闘シーンでは熱く激しく。

不条理にも、あっさりと犠牲者が出てしまうところも
ホラーらしくて好きです。

急展開に次ぐ急展開に
ドキドキしながら読み進めています。

2016/4/24 完結まで読みました!
素晴らしい作品をありがとうございました!
まったく、おっさんは最高だぜ!

★★★ Excellent!!!

――

モロクっち様の今までの作品を読んでいる方は、楽しめること間違いなし。
「常世」が初めての方は、楽しめたら他の作品もぜひ読むべき。

星が3つまでしか付けられないのが口惜しいですね。

私はもう一度読み直してきます!!

★★★ Excellent!!!

――

 この小説を読んだ人は、アクション小説だと語るかもしれません。あるいは、年上の男性たちとの軽妙なやりとりを楽しむ小説だと語るかもしれません。私もそう思います。
 ただ、それでもこの物語にジャンルを付けるなら、ホラー小説だと私は考えます。それはひとえに、著者の世界観の構築、そして描写が秀逸だからです。怖い、恐ろしいーーそんな感情を喚起する文章、そして、ハッと息を呑む衝撃の展開。緩急の妙により「恐怖」を心に強く訴えかける本作を、1話だけでもまずは読んでください。次に貴方は2話目へとページを進めているでしょう。
 ホラーが苦手な方は、頼もしき主人公の少女とともに、恐怖を切り裂きながら読み進めてください。ホラーが好きな方は、情景描写の端々にこめられたおどろおどろしさを感じとってください。
 

★★★ Excellent!!!

――

怖いの苦手だけど諸口さんの作品は好きという微妙な立ち位置の私。
読む勇気が必要で、しばらく逡巡してから読みましたが、前評判に違わぬ引きの良さ。
襲われる描写なんかドキドキして嫌な汗が出そうです!
世界観も独特で、読んでてまるで匂いまで感じそうですよ。

★★★ Excellent!!!

――

モロクっちさんの全作品を、こっそりと追いかけている一読者です。
4/3更新を拝見して、もうダメだと思い(←誉めています)、ちょっとだけ書きます:

本作は、まどマギのドキドキ感を超えた!!今までの作品のなかで、一番ドキドキする!!

まどマギは嗜んだ程度なのですが、世界のリンク?というか、次元テーマなお話ですよね。あれを見た時より面白さを感じて高揚したんです。私は。

すみません、語彙力ください…。

完結まで、犬のように伏せてハアハアしながら、投下される美味しいお話を追いかけます。
毎作追っかけなんですが、ヤクザさんより退魔屋さんより剣士な女子高生に、ハマりました!そして今宵のクーパーさんと言ったらもう……(鼻血)。

モロクっちさん、ヨム楽しみをありがとうございます!!

4/7追記
凄い。凄いとしか。次は脱稿してからという事なので、ヒロインの登場を心待ちにしながら、臥せ!の体勢でお待ちしています。待ち遠しい……( ;∀;)

4/24追記
わあ……。←言葉にできない感じの感動でした。今作もドラマがありました。最後の優しい展開、私にはとても心地好かったです。
素敵な作品をありがとうございました!&執筆お疲れ様でした(*´-`)

加筆などもこっそり期待しています。

★★★ Excellent!!!

――

ホラーやらグロい系は苦手なハズなのに読めてしまう、この面白さ!
たった数話でもガッツリ引き込まれます。おっさん好きなら読むのをオススメしますが、おっさん好きじゃなくても読むのをオススメします
何が言いたいかと言うと、そこのあなた!取りあえず読んでみて下さい!

★★★ Excellent!!!

――

物騒で情緒溢れる不可思議な世界。
「天照」の役割とは何なのか。
度々現れる「白」と「黒」の対比。
何もかもが謎だらけ。にもかかわらず、物語の世界にどっぷりと入り込ませてくれる筆力。個性と魅力を兼ね備えた登場人物たちに夢中にさせてくれる作品です。
ぜひご一読あれ。

★★★ Excellent!!!

――

読書開始3分で続きが気になって、ドはまりします。
本当は完結を待ってまとめ読みしたいのですが
耐えられなかった私が悪い…。

各種方面揃った美味しいオヤジと 少しマニアックな車ネタが理解できると更に楽しめます。

私の車もあと35年愛でたら化けてくれるといいなぁ。

いい意味で、期待を裏切る超展開を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

――

強い女主人公!
出会うのは若いイケメンでは無く、いずれも年上の渋い男性・・つまりオジさん!年の功フル活用で主人公をサポートしてくれます。同年齢間のシンパシーなんかいらんかったんや!保護者、人生の先輩としての安定感が堪らない。