狂言

【ようこそ】修理屋【歓迎】


「あっ、えーと……こんばんは」

「遅い。」

「ひっ」

「まあそんなに怒らないでやってくれ、遅れたのはおれのせいなんだ。というより人形屋、おまえさんが来てくれるとは思わなかった」

「みっみんなに同じこと言われてるな、に、人形屋」

「……なんなんだ、飴屋まで。己はそんなに居たらまずい輩なのか?」

「まずいというわけじゃない、不思議なんだ。おまえさんクロギツネの子はとびきり嫌いだろう。今日は修理屋の歓迎会だぜ?」

「それはそうだが、わざわざ時計屋が誘いに来たからな」

「時計屋がかね。それは珍しい」

「今晩はもつ鍋が食えることを俺は知っていた」

「べべべ便利な能力だよな、う、うらやましい」

「お前はこの町にとって役立つ能力を持ってるじゃないか。俺はお前がうらやましいね」

「え、えっ、え」

「赤くなるなよ気持ち悪い」

「……? 人形屋がいて、電器屋がいないのか。おかしなことだ」

「く、クーパーと迎えに行ったんだけど、ゆゆゆうべ徹夜したから、ね、眠いって」

「なるほどなあ」

「ほれはよ座れー。暁と飴屋こっちー」

「えーと、オレはどこに座れば……ここ?」

「己の視界に入るところに座るな」

「ひっ」

「修理屋。君はこちらに」

「おれが人形屋のとなりに座ろう。うん、これで問題ない」

「ある。やはり我慢ならん。クロギツネの子を放り出せ」

「ににに人形屋。お、おさえておさえて」

「全員キャラが濃い。」

「それわたしも思う」

「言っとくけどあんたもたいがい個性的だぞ、天照」

「……おなかすいた」

「あ」

「まっ、ままままだ開けるなって鍋屋が言ってる! ぞ!」

「じゃあごはんください。はやく」

「……ずいぶん腹を空かせているようだが、飴屋、君はもしかして――」

「誤解だ、おれはちゃんとめしを作ってやってるぞ」

「俺のお通し食え」

「いいの?」

「ええって。ほれ白い飯来たでー」

「……白くない」

「あ、ほんまや」

「なにこの黄色いツブツブ」

「キビだな」

「イナキビ知らんか? かーっ、現代ッ子やなあ」

「へえ、おいしい。お通しも。ごはん3杯いけそう」

「そんなに食うともつ鍋ができる前に腹いっぱいに……ならんか。暁の胃袋なら」

「ん。ビールに、サイダーに、冷や」

「ありがとう。サイダーって気分だったんだ」

「おおきに」

「おお。すまんなあ、時計屋」

「修理屋はハイボールだったな」

「なんでオレの好み知ってるんだあんた」

「お前が2分後にハイボール飲むことを知ってるから知ってるんだ」

「あの怖いんですけどこのひと」

「性分は人畜無害だ。気にしないことだな」

「蓋」

「もつ鍋ででできたらしいぞ、ふ、蓋開けろっ蓋っ」

「おおおおー」

「おいしそう。スープ何味?」

「白味噌」

「最高」

「無表情でゆうことちゃうでそれ」

「では、飴屋。音頭を頼む」

「またおれかい。たまには人形屋がやってくれ」

「なんだと何故己がクロギツネの――」

「あーっ、わーっ、あー! なななんでよけいなこと言うんだ飴屋っ」

「冗談が過ぎたなあ、すまんすまん。では……」

「暁暁、食うなよ乾杯やで」

「あっはい」

「修理屋の寝返りを歓迎して」

「…………」

「…………」

「…………」

「……ねえ、この国の乾杯って静かだよね」

「……俺もいまだに慣れへんわ」

「暁。君のお待ちかねのもつ鍋だ」

「ありがとう。わ、もついっぱい」

「あっすげえうまい!」

「なにこれおいしい。ぷりぷり」

「うんうん、たくさん食べて大きくなれよ」

「修理屋はそれ以上大きくならないほうが……」

「にしてもお前アレやな。図体デカイわりに気がちっちゃいなあ」

「……ほっといてくれ……自覚はしてるよ……」

「俺を見ろ! 暁より小さ――コンパクトやのに度胸据わっとるで!」

「オレ非戦闘員なんだから仕方ねえだろ……」

「おれもけ、けっこうビビリだぞ。ビビリは長生きする。きき気にするな」

「全身、筋肉はしっかりついていたがなあ。鍛えるのはあくまで趣味か?」

「なんだ、裸に剥いたのか、飴屋」

「傷の手当てをしたんだ、服をぜんぶひっぺがすのが普通だろう」

「ちょっと待て。旦那、オレを全裸にしたのか!?」

「したぞ」

「そこまでしなくていいじゃねえか!」

「私も脱がすのに荷担したししっかり見た」

「報告いらねえよ!」

「しかし、どこからどこまで怪我をしているかわからなかったから……」

「良いひとすぎるんだよあんたら!」

「ごはんおかわり。大盛りで」

「ええぇぇええもつがもうほとんどあらへんんん」

「なに、信じられん。乾杯してからまだ5分と経っていないのに」

「いや、7分20秒経ってる」

「信じられん。もうそんなに時間が経っていたのか」

「ニラ鍋や。これもう完全にニラ鍋になってしもた」

「……よく食う天照だな。やる」

「ありがとう」

「いやお前にじゃない、クーパーと鍵屋にだ」

「はい食い意地張っててすいませんでした」

「……拗ねるなよ、天照……」

「あのオレのぶんは」

「――あ?」

「すいませんでしたすいませんでしたすいませんでしたっ」

「鍋屋、もつはもうないのか? ……ない。わかった。いや知ってたが」

「しっシメのラーメンあげろよ、暁のテーブルに」

「シメラーメンなの? 最高」

「お前どんだけ食うんや! 宇宙か!」

「修理屋。まあこんな調子でひとつ頼む」

「……オレこの先生きのこれるのかな……この濃いキャラの中で……」

「神と俺のみぞ知る、だ」

「……このひと怖いんですけど……」

「神と言えば。お狐様は君の寝返りを認めてくれたそうだな」

「まあな。だからこそこうやって歓迎会までしてもらえてるんだろうけど」

「修理屋」

「ん?」

「わたし、このもつ鍋よりおいしそう?」

「…………」

「…………」

「――いや。もつ鍋とハイボールのほうがうまいにきまってるよ」

「それなら、もう大丈夫なんじゃない? ねえ、人形屋」

「…………。ヒガシ町にようこそ、修理屋。……これでいいか?」

「ああ、いいんじゃないか? よかったなあ、修理屋」

「……ありがとう。あんたらほんとに良いひとたちだよな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!