えんぴつ

エルバッキー

えんぴつ

 六角形が美しい一本の棒があった。鉛筆(HB)である。その両端は生まれたままの姿――すなわち、未だに削られていない未使用品だ。


 これは、鉛筆が削られるだけの物語。

 山もなく、オチもなく、意味もない。

 なお、台詞は全て作者の妄想である。






鉛筆

「箱から一番最初に出された!

 今日から頑張ろう!」


鉛筆削り(手動)

「やあ」


鉛筆

「……あなたは?」


鉛筆削り(手動)

「手動の鉛筆削りという物だ。はじめまして、だな」


鉛筆

「鉛筆削り……あ、聞いた事がある!

 鉛筆を削って使えるようにしてくれるんですよね!?」


鉛筆削り(手動)

「ああ、そうだ。ちゃんとお前さんを使ようにしてやるよ。

 それにしても……お前さん、削られるのは初めてか?」


鉛筆

「はい……あの、削られるのって、やっぱり痛いんでしょうか……?」


鉛筆削り(手動)

「ハハハ、鉛筆じゃねえから分からんなぁ。だけど、今まで削ってきた鉛筆は全てに仕上げてきたんだぜ?

 どうだ、ここは一つ、その身を任せちゃくれねえか?」


鉛筆

「……は、はい!

 初めてなので勝手は分かりませんが、よ、よろしくお願いします!」



 ――鉛筆は誘われるまま、その真新しい頭を鉛筆削り(手動)に突っ込んだ。



鉛筆削り(手動)

「ぐ……!」


鉛筆

「鉛筆削り(手動)さん、大丈夫ですか?」


鉛筆削り(手動)

「ああ、初物は久々だからな……

 普段当たらない所に、角が当たるんだ……」


鉛筆

「す、すみません」


鉛筆削り(手動)

「気にすんな。これから削って、形を調えてやるからよ。

 ……それよりも、お前さんこそ大丈夫か?」


鉛筆

「変な感じだけど、大丈夫です」


鉛筆削り(手動)

「じゃあ、固定するぞ」



 ――ゆっくりと、鉛筆を固定する鉛筆削り(手動)。その苦しい程の締め付けに、思わず鉛筆はドキリとした。



鉛筆

「うっ……ちょっと、キツい、です……」


鉛筆削り(手動)

「我慢しな。きちんと締め付けておかねえと、綺麗に削れねえんだ。

 さて、じゃあ……削るぞ」


鉛筆

「……お願い、します」



 ――ゆっくりと回りだした鉛筆削り(手動)のハンドル。その回転に従って、鉛筆削り(手動)の中で刃が蠢く。



鉛筆

「ぅう、あ!」


鉛筆削り(手動)

「ぅん……! 痛いか?」


鉛筆

「だ、大丈夫っ、で、す……」


鉛筆削り(手動)

「なら、少し速く削るぞ」


鉛筆

「え、ちょ、待――んぁああ!」



 ――ゴリゴリゴリと刃が鉛筆を削る音が高まった。その振動か、はたまた自身が震えているのか、鉛筆には判断がつかない。

 ――ただただ、初めて身を削られる感覚のみが鉛筆を支配する。



鉛筆

「も、もう少し、遅、く……ぐぅ!」


鉛筆削り(手動)

「うっ! なん、だって?!

 音がうるさくて、聞こえねえ!」


鉛筆

「と、止まっ――あぁ!」



 ――言葉を中断せざるを得なかった。

 ――鉛筆削り(手動)の刃が、ついに鉛筆の芯へと到達したのだ。



鉛筆削り(手動)

「くっ、硬ぇ……!

 お前さん、HB、なのか」


鉛筆

「は、はいぃぃぃ!

 ぁぐっ……もぅ……もう、ダメ……!」


鉛筆削り(手動)

「もう少しだ! 我慢しろ!」



 ――最後の仕上げとばかりに最高速で回り狂うハンドル。鉛筆削り(手動)の中で乱舞する刃が鉛筆を削り、その削りカスは鉛筆削り(手動)に溜まってゆく。


 ――だが、不意に鉛筆削り(手動)のハンドルが止まった。



鉛筆削り(電動)

「オメーら、楽しそうな事やってんなぁ!

 おい、鉛筆削り(手動)。交ぜてくれよ」


鉛筆削り(手動)

「え、鉛筆削り(電動)さん……

 そんな……修理に出ていたはずじゃ……」


鉛筆削り(電動)

「ついさっき帰ったんだよ。

 で? もちろん交ぜてくれるよな?」


鉛筆

「鉛筆削り(手動)さん……」


鉛筆削り(手動)

「…………すいやせん、鉛筆削り(電動)さん。

 その……この鉛筆、もうすぐ削り終わるんですよ」


鉛筆削り(電動)

「ケチケチすんなって。

 ほら、後ろはまだ新品だ、ぜ!」


鉛筆

「っ!?

 止――うあああぁぁぁあああ!!」



 ――鉛筆削り(手動)にくわえられている方と反対側。つまり後ろを急に銜えられた鉛筆の身が激しく震えた。

 ――鉛筆削り(電動)特有のハイスピードで、粗い刃の動きが、けたたましい音と共に鉛筆の後ろ側を削る。



鉛筆

「あああぁぁぁあああ!!」


鉛筆削り(電動)

「ヒヒヒ、帰って一本目が初物とはなぁ! 運が良いぜ!

 ほら、オメーも動けよ。まだ途中なんだろ?」


鉛筆削り(手動)

「ぐ……

 鉛筆……すまねぇ……」


鉛筆

「やあああぁぁぁぁあああ!!

 ど、同時にぃぃぃいいい!」



 ――両端から削られる鉛筆。ほとんどの鉛筆が経験しないような削り方は、箱から出たばかりの鉛筆にとって刺激が強すぎる。



鉛筆

「んがぁぁぁああああ!」


鉛筆削り(電動)

「ヒヒヒ! もうすぐ終わるぞ!」


鉛筆削り(手動)

「ぐっ……あと、少しだ……! 我慢してくれ……!」


鉛筆

「あああぁぁぁあああ! あああぁぁぁあああ!!」



 ――そして、音は止まった。

 ――両端を解放された鉛筆は、軽い音を立てながら机の上を転がる。両端の鋭く尖ったその姿は、正しくいびつ



鉛筆削り(電動)

「なんだ、もう終わりかよ。

 芯が丸まったら、また楽しませてくれよ、な?」


鉛筆

「っ!?」



 ――無様に転がる鉛筆にゴミがかけられた。

 ――……鉛筆の、削りカスである。



鉛筆削り(電動)

「ほら、こんなに削れたぞ。ヒヒヒ!

 鉛筆削り(手動)、オメーも見せてやれよ」


鉛筆削り(手動)

「…………」


鉛筆

「……鉛筆削り(手動)、さん…………」


鉛筆削り(電動)

「オラ、早くしろよ!」


鉛筆削り(手動)

「…………すまねぇ」


鉛筆

「っ……」


鉛筆削り(電動)

「ヒヒャハハハ!」



 ――山の様な削りカスの下で、鉛筆は己の無力さを知った。


 ――鉛筆としてあるまじき醜い姿。使用者にどちら側を使うか迷わせてしまう愚かな姿。


 ――消える事の無い傷は、鉛筆を苦しめ続ける…………はずだった。



   【次回 キャップとの出会い】


            ※続きません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

えんぴつ エルバッキー @Bucky

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ