銀河道中アストロノミカ 一章

作者 あぼーんず

109

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

戦艦の威容が目に浮かぶ港のシーン。
対照的なヒロインたちの可愛いやりとり。
SF物につきものの説明も、くどく無い程度に自然と文章に盛り込まれていて、とてもスムーズに読み進められました。
特に第一章最初のセリフは秀逸。
これで、SF独特の空気感を醸し出しています。
あっという間に、最後まで読める良質なSFですね。

★★★ Excellent!!!

それがスペースオペラ←え、ちがう?(汗)

スペースオペラはどうしても設定が過多になって取っ付き難かったり前もって知識が無いと敷居が高い印象がある。

でも、この作品は実にほどよい。
それは説明が少ない、という意味じゃ無く、数多く出るキャラ達の会話と展開で、ともすれば鬱陶しくなりがちな説明展開が非常にバランス良くちりばめられています。

それと、スペースオペラといえば欠かせない戦場の臨場感と人間の心理描写。
この高揚感が気持ちよく、本当に心地よい読後感を味わえました。

また原典がクトゥ?で、スペースオペラだとかなり重い展開になるのか?とも思いましたが、そんな事はありませんでした。是非、この作品でスペオペの世界に触れて頂きたいです。

★★★ Excellent!!!

SFは好きだけれど、専門的には無知な
わたしでもとっても楽しめました。
それはひとえに作者さまの配慮と作品への愛
それに基づく文章力の高さからくるものだと
思われます。

これは宇宙戦争を舞台にしたひとりの
少女の「成長」の物語でもある。
ミリア。彼女が今後どのような道を歩き
どのような選択をし、どのような結末に
辿りつくのかを、楽しみに見守らせて
いただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

序盤から動きも豊かで、文章力も高い作品です。
世界観もよく練り込まれ、スペースオペラ好きにはたまらない!
ストーリーラインは、このままアニメ映画作品になっても申し分ないレベルと感じました。

戦闘描写や心理描写はやや淡い印象ですが、広大な世界観をこのボリュームに凝縮して提示するには適切な塩加減かと思います。温度が迫ってくる描写…これを備えればさらに心とらえるスペースオペラとなる予感。
わくわくが止まりません!

★★★ Excellent!!!

読んでいて思わず手に力が入り、心の中で「行け!ミリア!」と叫びながら一章を読ませてもらいました。

ブルーワイバーンが戦場で初めて見せるもう一つの顔に圧倒され、ミリアやそれを取り巻く人々が描かれる描写の素晴らしさに舌を巻きました!

スペースオペラと聞いて、戦艦モノか…ちょっとな、とか思っている人がいたら手にして取って読まないと損です!読み出したらきっとあなたは物語の中に引きずり込まれ、手に汗握り叫ぶでしょう!

私自身小説を書いてみようと思った作品の一つが、僕と彼女と実弾兵器というスペースオペラの小説でした。

だから嘘でもお世辞でもなく、この作品が大好きです!
もっと、もっと読みたいと思わせてくれる作品に出会わせてくれたことに感謝です!