短編5話 君の隣で死にたい(オリジナル)

キャラクター

・???(想像にお任せします)


ただ、お前はいつも笑っている。

笑っていて、なおかつ、人をなごませている。

だけど、戦は必ずやってくる。

そんな時、俺も駆り出される。

だけど、君の街を守るから、安心して。

そして、攻められた時。

キミのとなりで、戦死するから。

そう、決めたから。

君も言っていたね。

戦争はダメだって。

だから、君は言っていた。

俺が死んだら俺の前で泣かないようにするって。

俺は、君が死んだら、君のそばで死にたいんだ。

だから、絶対に、諦めない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます