短編3話 バレンタインデー(オリジナル)

登場人物

・グラレンド(主人公)

・グラスレッド

・グラインド

・富嶽(艦これじゃない方のオリキャラです。はひ)



バレンタイン。

私は、いつも貰うことは無かった。

弟らは欲しがるけど。

「グラレンド兄さん。どうして貰わないの?」

「……そうだね、結構冒険してた時があったからね」

「そうだったんだ。可哀想だね」

と、言っていると富嶽が近寄ってきた。

「マカロンとチョコレート、ほ、本命だからな!」

「え? あ、ありがとう……」

戸惑いつつ受け取る私に、走り去る富嶽。

「お、兄さんにも来たじゃないか」

「そ、そうじゃなくてだな……」

よく見れば手紙が入っていた。

そこには、私を愛していると書いてあった。

そうだね。

彼女に、後で答え書かないとね。

「兄さん?」

「グラレンド兄さん?」

二人がじっと見ている。

「大丈夫だよ。だけど、渡されるのは苦手だよ……まだね」

「そうなんだね。グラレンド兄さんも、慣れるかもね」

「やかましいよ」

だけど、ありがとう。

そう感謝した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます