短編2話 羽の舞う空(オリジナル)

よく鳥が飛んでいる。

私は、その鳥をよく見ている。

月が登っている。

星空が綺麗。

よく何故か透明な羽が舞う場所がある。

そこによく、私は立ち寄る。

私は、その視線を空に向けた。

「フフ、今日もいつもの光景ね」

そう、呟く。

この地で、みたいな話があった。

でも、その怨念なのか、半透明の羽が舞う事がある。

だけど、私はそれを気にしていない。

この大地が好きだから。

私は、いつかはあの方の元に向かいます。

でも、今は待ちわびている。

あの方は、きっとまだ戦い続けている。

私は、待っている。

私の恋人だった人は、冒険者となり、死んでいったのだから。

……あなたは、そこに居ますか。

―――




以上です。

この女性キャラはレアちゃんではありません。

予定では『クフィー』です。

姿は全くの謎ですが。

こんな感じで納めておきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます