短編17話:風の赴くままに

俺は一応球体だけど、つつかれる事はある。

呆れつつ、空を見上げた。

ムラサキ「やってられないな……」

あいつは、どんな思いで昨日を迎えたのか。

そしてもう、そいつは居ないんだ。

ムラサキ「けど、

それは、俺自身もわかっている。

心が痛いだけじゃないが。

ムラサキ「さて、行くか」

その後移動することにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

短編集 ~ つぶきゃらとか入るよ ~ 闇討善悪 @gurasureddo123

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ