短編16話 風(オリジナル)

フェーンはただ、あの日々を思い出していた。

だが、もう戻らない。

それでも、前に進むと決断している。

それが、彼なりのプライドであろう。

フェーン「さって、行くか!」

その後、行動をともにする魔神と一緒に移動する。

今度こそ、悲しませたくない。

そう感じつつ。

それが彼の願いなのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます