僕の妹はバケモノです

作者 鹿角フェフ

バケモノとなった妹の、不思議な関係の恐ろしさ。

  • ★★★ Excellent!!!

馴染みの薄いホラー作品ということで期待して読んでいました。
最初から妹はバケモノである、という前提から、異質に変わってしまった日常。
そこに現れる殺戮者、とも言える本作を盛り上げる存在。
どうしてここまでバケモノが揃ってしまったのか、それがホラーの持つ魅力なのでしょう。
常に傍に寄り添うバケモノの妹と共に、今日も今日とて不可思議な毎日を過ごしていく、ある意味日常系ホラーなのかもしれません。
そんなありきたりで済むことのない恐怖を感じて頂けたらと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

藤井茉椰さんの他のおすすめレビュー 111