「フツウ」になりたい。大人になって分かった理由。

作者 巴月ゆい

48

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても考えさせられました。

私はずっと〝普通〟という言葉に苦しんで生きてきたように思います。大人になって、みんな違って、みんな〝特別〟で素敵なんだと分かりました。

この作品を読んで、世の中が普通の線引きを勝手に作ってるのも共感できたし、作者の心の叫びもとても伝わり共感できました。

もっと世の中の人々みんなが、心の叫び、こういった声に耳を傾けて欲しいと思いました。

是非、皆さんに読んで知って頂きたいです。

★★★ Excellent!!!

誰でも抱えているような悩みや、思いが書いてあるのかなと思いました。

いじめられたことや、したくてもできない辛さを書くのは、大変な作業だったと思います。
本作がいろんな人に読まれて、障害について発信する人、理解する人が少しでも増えるといいですね。

★★★ Excellent!!!

ノーマライゼーション的な考え方も認識され

様々な立ち位置から、発信された「言葉」が
人間として偏見を超えた伝わり方をしている

良い意味での状況変化だと考えています(笑)

自分は「支援者側」であり利用者側の本音?

我々には話さない「闇」離せない「想い」が

受け入れやすく半生を振り返る形で描かれて

「勉強させてもらえて」感謝しています。