戦慄のレヴァンテイン

作者 村雲唯円

164

58人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

体高7メートルのレヴァンテインが奔る、フェンサーブレードが大気を裂いて、爆炎が燻る。

既に他の方が素晴らしいレビューを書かれているので、内容や見どころについては語るまでもないでしょう。

決して甘くない戦場で、男も女も兵士もテロリストも等しく命を賭し、そして散っていく。
戦場の背後を守る者たちも、また命を削る采配で兵を導く。
そこにあるのは、冷徹さと絆。
新世紀のむせるロボ作品というべき作品です。

★★★ Excellent!!!

第一章時点での感想となることをお許し下さい!!

とにかくリアルなロボ描写や無理のない戦闘描写が特筆もの。
そういった部分が好きならたまらない作品でしょう!!


小規模区域での各機ごとの連携戦術。一地方をまるごと舞台にした大規模な戦略なども、できる限りリアルさを追求しようとしている姿勢が感じられ、それは作品を通して貫かれた本作の鉄の意志であるかのようで、まさにむせるために生み出された作品といっても過言ではありません!!!

惜しむらくは主人公側の登場人物がどういった人々なのか、第一章時点ではよくわからなかったこと(多分このペースは遅いと思う)と、敵の大ボスたるスルトの後半での急激な小物化が残念でした!

このまま第二章も引き続き読ませていただきます!!

★★★ Excellent!!!

迫力のある戦闘シーンや、登場人物の行動や心情にも強くひかれました。
ただ、シーンの切りかえがやたら多く感じることがあり、良いところでブツッと切られて「はぅ!」となることも。
しかし、続きが気になるので読まずにはいられない。
それが狙いなのかと、策略にはまっているような気もしましたが、とにかく続きを!
「Ⅰ:Scars of Calamity」も完成された盛り上がりがあるのですが、「Ⅱ:Code of Ragnarök」の深化がすごい。
味方だけでなく、敵のパワーアップがまたすばらしく物語を盛り上げてます。
で、ここでもう一度。
続きを、続きをとにかく楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

対テロに重きを置いた重厚な戦闘描写と人間ドラマ。
ただのテロ鎮圧に留まらず、小規模ながらも戦争というものをしっかり描いています。

誰が死ぬかわからないハラハラ感と灯さんの主人公っぷりに惚れます!

名称に北欧神話を使っているあたりがまたニクい作品、厨二感が全然感じられないのすごいよ

★★★ Excellent!!!

畳みかける絶望、背景で残される謎、そして真綿で首をやられるかのように締め付けられる焦燥感……。血と硝煙に塗れたミリタリーロボットとして、非常に高い完成度を誇っていると思われます。
読んでいて息苦しい! 緊迫感に押しつぶされそう! でも、いや、だからこそ読んでしまう! 本当に重厚で濃密な一作です。

★★★ Excellent!!!

テロリスト相手にパイロット達は治安維持のために戦う――

ロボット同士の戦闘や生身の人間同士の謀略、駆け引きなど魅力溢れる作品です。

何よりも秀逸なのは戦闘描写です。
目に鮮明に浮かんできます!

長編なのについつい先を知りたくてどんどん読んでしまいました。

ロボットものが好きな方、必読と言ってもよい作品です!
オススメです

★★★ Excellent!!!

ロボットアクションとしては非常に力強く、魅力的なアクションシーンが並ぶ力作。
三人称を上手に操り、その中で作者得意技が活かされた表現は必見!
魅力的なシーン展開に、惹かれるファンが多いのも納得の一作です!
現在、第一部のみ読了ですが、これからもファンを強く惹きつけることでしょう。

★★★ Excellent!!!

ここカクヨムのような小説投稿サイトとか、まあ小説以外にもイラストや音楽や動画などもそうなんですけど、投稿された作品群の中には必ず「このジャンルの方向性を位置付け、今後のジャンル全体を左右するほどの作品」というのがありまして。一言で言うと代表作ですね。ジャンルの顔、ひいてはサイトの顔。

カクヨムにおけるSF、ロボットもの、もしかするとカクヨムそのもので顔に当たる作品が、この「戦慄のレヴァンテイン」です。断言します。ですからビギナーの方、特にSFやロボットアニメなんかが好きな方。最初に読むならこの作品です。

私の記憶だと、最初はここまで騒がれていなかったと思うんです。それが、作者様のこの作品にかける愛と情熱と努力により、見事なまでに傑作へと成長させました。今では一大勢力の旗頭となり、なんだか手の届かない所へ登っていくような…

あ、ちゃんとしたおすすめレビューを書くのはもう諦めました。実は何日も悩んだんですけど、「面白い」とか「ワクワクする」とかそんな言葉しかでなくて。でも、そうやって心を熱くしながらのめり込むように読むのが一番いいんでしょう。少年少女のみんな、そうやってこの傑作を楽しもうぜ。

最後に。私は灯ちゃん派です。ライバルめっちゃ多いですけど。

★★★ Excellent!!!

 現実の世界情勢として日本でテロリズムが横行したとしてもおかしくはないこの現代で、フィクションでありながらも1歩踏み間違えたリアリティがこの作品の中にはあります。

 公職の腐敗によって設立された対テロ部隊に所属する主人公もまたテロリストの被害者であり、決心して入隊。しかし、ロキとの邂逅、仲間の死を受けて主人公や仲間達は兵士として苦悩していきます。

 非常に緻密かつ知識に富んだ文章で描かれるレヴァンテインの雄姿を是非。

★★★ Excellent!!!

 21世紀に入って戦争は国同士のものばかりではなくなりました。
 現代の戦場が武装組織と国の戦い、そして国同士の戦いが絡みあう複雑な戦場に変化した以上、ロボット物の舞台もそういった戦場に変わってしまうというのが筋です。
 このレヴァンテインでは対テロ部隊に焦点を当て、テロの脅威に怯える日本における主人公の活躍を描いています
 部隊として動き活躍する主人公のチーム、様々な視点で描かれるエキスパート達の活躍などミリタリーの空気を出しつつ終盤ではド派手なロボバトルも有るので、ロボットものが好きなら間違いなくオススメです。
 話のサイズもキリが良いのでロボが好きな方はまず第一章を一気読みしちゃいましょう!

★★★ Excellent!!!

かつて日本を震撼させたテロ組織《暁の門》及び、その残党が肥大化した失楽園《パラダイス・ロスト》。
日本その物を犠牲の上での革命をしようとする輩に対し、級が所属する独立治安維持軍が今立ち上がる。

フルメタ+パトレイバー劇場版2といった感じですが、その二作とはまた違った緊迫感が溢れています!
次々と死んでいく仲間達……それでも級さん達は明日を守る為に戦う。実にシンプルですが、それでも応援をしたくなります。
ロキといった敵キャラも魅力的で、それに加え様々な性能を持った《レヴァンテイン》の活躍が、このストーリーに熱くさせていきます!

ロボットの熱い物語を楽しみたい方は、すぐに読んだ方がいいです!

★★ Very Good!!

 メカ描写にむせつつも、でも、大好きだからこそ辛口になっちゃうんだよなァ、とボクの中のオトコノコがトリックスターなこと言い出すのです。

 命は大事、誰も殺さない、仲間は死なせない、大切なことだけど、ここは戦場、それが確かに描かれています。

 現実でも、戦争の在り方は、テロリズムの横行によりその姿を変えてきています。戦略、戦術、ミサイルの爆撃でさえ、悪意と憎しみの連鎖を根絶やしにすることは出来ない。

 いつだって、命のやり取りは、最終的に人、歩兵、そして、人型兵器に委ねられる!

 神々の黄昏、かく始まりき!
 終末を告げるギャラルホルンは鳴り響いたぞ!
 さあ、ボクの中のオトコノコを! もっと熱く! 楽しませておくれ!

★★★ Excellent!!!

独立治安維持軍vsテロリスト。

レヴァンテインって名前いいですね。覚えやすいし頭に残ります。

細かい戦闘描写、心理描写がしっかりと書かれていて読み応えがありました。しっかり書かれている分、頭の中で情景を想像しながら読むことができました。

と、私が言える立場ではとてもないのですが……。
本当に面白かったです!


戦闘シーンは特に熱かったです!

とても楽しませて頂きました。

是非みなさまご一読を。

★★★ Excellent!!!

まだ全て読み終えていないのですが、あまりに好きなのでレビュー書いちゃいます。

個人的に、全高7m程度の「車輌」としてのロボットってめっちゃ好みなんですw
それが、ここまで秀逸な描写で、操縦の様子までしっかりと伝わってくる文章で描かれたら、興奮せざるを得ません。

あまりにリアリティ溢れる描写に、現代に近い近未来で巻き起こる争乱の緊迫感に、口の中がカラカラになりながら読み進めています。

★★★ Excellent!!!

流されるまま目標の無かった主人公が立派な戦士になっていくという王道ながら、オリジナリティ溢れる展開となっています。
ちりばめられた伏線が謎を呼び今後の展開が気になります。

事実上の内戦状態と化した日本。
謎のテロリスト集団が起こした蜂起を鎮圧するべく主人公は人型兵器レヴァンテインを駆り、仲間達と立ち向かっていく。
ロキを名乗る謎の少年との決着はいかに?

★★★ Excellent!!!

近未来、大規模なテロが起きた事をきっかけに独立治安維持軍へと入隊した主人公の級と、仲間達の戦争史が描かれた作品です。

奪取された新型機、体制に組み込まれたテロリスト達、後手後手に回ってしまう周到な計画。

不遜にも日本のみならず世界まで支配できると夢想するテロリストの首魁と、超人的なレヴァンテインの乗り手と。

多くの意志と生き様がぶつかり合い、級は仲間を時に失いながら、戦火の中を戦い続けます。
テロリストにもう何も奪わせないと誓って。

続きが気になって止まらなくなる作品ですよ。

★★★ Excellent!!!

本作に登場する人型兵器〈レヴァンテイン〉
彼らが戦場とするのは、独立治安維持軍とテロリスト集団が繰り広げる、国内での「戦争」です。
等身大の少年少女が身を投じる対テロリズム闘争、そして繰り広げられる市街地戦……
これらの要素を基盤とする本作品は、なんと生々しい緊迫感に溢れていることか!

多少荒削りな部分も見えますが、
全高7m前後というロボのスケール感を活かした戦闘、登場人物達のドラマ、そして操縦系も描写されている点で、加点方式で★×3を付けさせて頂きました。
ロキとの決着も含めて、これからも楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

搭乗式ロボットが実現した世界の日本。
軍とテロリストの戦場と化した日本。

私達のよく知る地名が度々登場し、
人によっては作中登場する土地へと
実際行ったこともあるでしょう。

そんな私達のよく知るこの日本で
ロボットに乗って戦う主人公たち!

なんて燃えるシチュエーション!
こういうのを待ってたんです!

もちろん、現実に作中のようなテロが
日本で起こってほしいわけはありません。
ですが思考遊びくらいならいいでしょう。

・ロボットに私達も乗れるようになったら。
・この日本で陣取り合戦が始まったら。

この二つの空想がこれでもかと刺激されます。

舞台は私達がよく知るこの日本。
主人公たちは元は私達に近い日本人の一般人。

だからこそ親近感がわき感情移入できる。

私達から見て遠くて近いロボットバトル、
あなたも見届けてみませんか?

★★★ Excellent!!!

架空の日本を舞台にしたロボットアクション小説。

まずは「レヴァンテイン」という、何故だかとてもしっくりくるロボット名ですでに満足している自分がいます。結構本格的なロボ小説です。自由に空を駆け巡るような感じではなく、なんとなく重みを感じます。

読み始めたころは主人公が治安維持軍に入隊する理由・経緯が若干弱いなと感じましたが、それでもよく作りこまれた世界観だと思います。

戦闘描写はもちろん、日常会話、ロボットもの特有のワード。どれも心を揺さぶられるものです。

機体名が北欧神話を模しているのはわかります。かっこいいですもんね。個人的には名前にもっと意味を持たせるといいと思います(決して名前に合わせた機体を作れという意味ではありません)。
ガンダム。とまでは言いませんが、「あぁこの機体か」と名前が難しかろうが簡単だろうが、皆がすぐに認識できるような名前を付けてあげるのは一つの手かと思います。

今後、戦いの場を地上だけでなく宇宙や深海にするのも面白そうですし、ただバッタバッタと敵を倒すのではなく、機体奪取や乗り換え。いろんな作者を驚かせるイベントを期待しています。

★★★ Excellent!!!

近未来SFでの、激しいメカアクション小説です。

ちょっと違った歴史を刻んでいるとおぼしき日本。
治安維持軍が配備する「レヴァンテイン」というメカに乗り込んで平和を守る兵士たちの、熱くも切ない物語です。

テロの一斉蜂起。
鎮圧に向かう主人公たちの前に現れる、妖しくも魅惑的な宿敵・銀髪の少年ロキ。

鎮圧作戦自体は成功しても、仲間を殺され、宿敵は取り逃がしてしまう…これから国の存亡を賭けた壮大な戦争に発展するのは想像に難くありません。

メカのメンテシーンや仲間同士の雑談、作戦会議の様子など、戦闘以外の背景もきめ細かに描写しており、それが大変好感触です。

北欧神話がモチーフのようですが、日本が舞台なら日本神話を題材にしても良かったかな、という程度しか苦言が浮かびませんでした。骨太の良質なメカアクションです。

★★★ Excellent!!!

まだ物語が始まったばかりですが、既に文章から緻密に練られた設定が垣間見えます。また、本作独自の固有名詞が多いにも関わらず読者を混乱させない文章は、著者の描写力の高さが成せる業でしょう。
某監督曰く「タイトルに“濁点”と“ン”が入ったロボットはヒットする」とのことなので、今後の展開に期待しています!