月面文字翻刻一例

作者 海馬屋

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 月の文様は、彫られた文字で出来ている――という美しい発想を綴ったこの小説は、まさに作中の彫り師がごとく、文字を“彫る”作者の姿を味わう小説ではなかろうか。

 物語そのもの以上に、“世界”が少しずつ、作者の筆致によって明らかになっていくその過程が楽しい作品。