エピローグ1『空中戦艦の病室から』

 「はじめまして、ファーゴ君。私はクストール軍第3艦隊司令エブリー・アッカーマン・デンだ」

 「ベッドからで失礼します。エブリー・アット……、ええっと……」

 「エブリーでいい」

 ファーゴとエブリーは握手を交わした。

 「ところで、エブリーさん。ここはどこですか?」

 「ん? 看護婦から聞いていなかったのかね」

 「艦隊の旗艦の病室というのは聞いていますが、戦艦の病室にしては広すぎます。窓からの景色から、ここはステルの街の上空だとわかるのですが、空中に浮く戦艦特有の振動も音も無いんです」

 「それで、私に直接聞きたいというのかね。よかろう、この戦艦は最新の魔法科学の結晶だ。振動も音も遮断している。どのような技術なのかは機密だが、ロマニーとの戦争が終わったらエルダの特許を取って世界に公開する予定だ」

 黒いアフロヘアーの男はファーゴの前でおどけるように腕を広げた。

 「ようこそ、第3艦隊の旗艦エリュシオンへ! 君は救国の英雄だ!」

 エブリーの5メートル後ろで病室の横開きのドアがサッと開いた。ラフィとチロルが花束を持っているのがファーゴにも見えた。

 「失礼しまーす。ファーゴ!!」

 「ラフィ、チロル、それにグリズリーの親父さん! ヘルハウンドのみんなまで……、ええっ!」

 ドアから続々とファーゴの見舞いのためにステルの街とマロイ族の村から人々とトロルと3匹のヘルハウンドが入ってきた。

 「うわ~、困ったな。VIPルームでも間に合わないよ~」

 エブリーは頭をかいた。「ファーゴを見舞いたい関係者は全員連れて来い」と部下に命令したのがまずかったようだ。既に見舞い客はファーゴが1人いるだけのVIPルームから数10メートルの廊下にまで溢れていた。


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!