売れないままの君でいて♪

作者 坂神京平

135

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


自分自身、マイナー主義者なところがあるのでとても共感でき、イッキ読みしちゃいました。
「好き」を貫いたものか、「ウケ」を狙いにいったものか、どちらが売れるかなんて分からなくて、即興のものが売れたりする事もあるわけで(文化発表会のように)。作品を作るにあたって結局、何が大切なのかという問いに対する答えが見つけられたような気がします。
ラストの終わり方も、とても好きです。
とにかく、読んでよかった!

★★★ Excellent!!!

隠れオタクの主人公は、世間的な評価も知名度もない作品をこよなく愛するマイナー趣味。
彼女もまた個性的で少々変わり者。

この二人のやりとりがとても面白い。
彼女に振り回されながらも、次第に惹かれていく主人公。舞台上での告白シーンは可愛くて可笑しくて、思わず笑っちゃいました。

甘いラストシーンに思わず胸キュン。
数年後、彼女の願望が叶うといいなぁ~

★★★ Excellent!!!

作者様の作品を読むのは4作目ですが、今回のヒロインも相当なこじらせ女子でした(笑)
ただし、こじらせている理由がちゃんとあって、それを理解して包容してあげる主人公がまっすぐでかっこいい。
彼に共感し、応援するうちに、読者もこじらせヒロインがとてつもなく愛おしくなってしまうのです。
序盤に出てくる『天高』のテーマソングが後半すごく良い仕事してます!


『売れることが本当にいいことなのか』『売れてしまうことによる弊害をどう考えるのか』『良い作品は売れるべきか、売れないままでいるべきか』
作品を通してこれらのテーマが登場人物たちによって考察され、議論されています。
漫画であれ小説であれ、マイナー作品を好む人だけでなく、書き手という立場の人間が読むといろいろと考えさせられるものがあると思いますが、「作品や作り手に敬意をもつ」結局はこの一言に尽きるのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

売れないままの君でいて…
このタイトルそのままに、物語は進んでいきます。

一人称の地の文が面白くて優しくて、いつの間にか主人公・遠野くんの魅力に惹き込まれます。

こちらの作家さんは、女の子のことを知りつくしてる!!〔どうして?〕
早瀬さんの気持ちに共感して、思わず泣きそうになりました。

書籍化希望します…
他人と自分を比較するのに疲れちゃった時、何度も読み返したい珠玉の作品です。

★★★ Excellent!!!

一読したかぎりではアーティスティックな作品だな、と。
形はラブコメだが、
(創作する者、あるいは創作を愛する者)
のために書かれたという印象が強い。

ラブコメなんだけど、考えさせられる作品だなぁ、と思いました。
気軽に読めるような作品ではなかったです。

出版社にしてみればすべての作品は絶対に『売る』しかないわけだ。
しかし、そのことで周囲の環境は変わるわけでひずみができる。
その事に対して作品のファンはどう接したらよいものやら……。

主人公の心理描写は精緻だな、と感じました。
ラノベはわりと男性向きの小説が多いのですが、これは女性でも読める青春小説でした。

★★★ Excellent!!!

まず題名に、“あ、ちょっと切ないのかな”と思って、切なさを取り入れつつ読ませて頂きましたら…!
素敵なほど、予想を遥かに上回っておられました。
ページをめくる度、面白さが倍増してきます!
なんというかもう、2話目の、あの素敵な歌詞達、
CD化したらもう、楽しく歌わせて頂きたい程でした。

★★★ Excellent!!!

完結お疲れ様です。連載中から読ませていただいていました。今頃になって評価レビューを書かせていただいております。

さて、オタクの中でもファンが少ない時から好きだった作品がアニメ化や続編製作による新規ファンの獲得でメジャー化し、マナーの悪い新規ファンやアンチの増加で作品からも離れて行くということはよくあることです。私自身も、そのような作品に出会ったことがありましたが、「なぜ作品からも離れるのか」、「なぜ作品を嫌いになるのか」という点についてはあまり考えたことがありませんでした。が、この作品で目から鱗。私が考えたことがないような側面から書かれていて「成程、そうか」と思いながら読む箇所がたくさんありました。後々こんな状態に陥る作品に出会った時は、アンチに負けずに精一杯応援しようと思います(笑)

また、恋愛・ラブコメカテの小説はあまり読まないのですがオタク文化が絡んでいることもあり読み入ってしまいました。

最後に、考えさせられる良い作品を書いてくださりありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

タイトルに惹かれこの作品を読みました。
『自分が密かに好きな作品が売れてしまう』、というサブカルチャーを嗜む人間なら誰しもが陥る悩みや葛藤を、主人公がただ自分の意見を貫き通すだけではなく様々な出来事の中で様々な価値観に触れて自分だけの答えを見つけていく。作者さんのやりたいことが一貫していて先の展開がとても気になった作品でした。
個人的な意見なのですが、14話から15話までに主人公とヒロインの間にどのような心の通い合いがあったのか、少し気になります。
一巻読みきりの形態になると思いますが、書籍化されたら買うぐらい良いと思います。そしてアニメ化されて早瀬さんの声優が新人声優さんになったら思わず絶望します。
『売れないままの君でいて♪』には、売れないままでいて欲しいです。

★★★ Excellent!!!

世間的な評価はあまり良くない、そもそも知名度が高くない、そんな作品を愛するマイナー主義のあり方を描いた青春劇です。

ウェブ作品を見ていて、面白い!人気になってほしい!でもメディアミックスでコケるのは見たくない……、ということは、常々思っています。
好きな作品のアニメが世間からボロクソな評価を受けているときに考えていたことが主人公の思考と重なって、物凄く共感しました。

ヒロインの早瀬さんのいう「純粋な想い」についても、心の隅で考えていたことがあります。
売れるためにはやはり大衆迎合的に変化せざるを得ず、尖った作品にあった「角」の部分が丸くなっていくのは、原作を知っていると悲しい部分があって、やるせない気分になるものです。

そういった、読者として日頃思っていることにバッサリ切り込んでいきながら、マイナー主義の中でも更に細かく、「売れて欲しくない理由」の違いまで描かれていて、正直な話このレビューの内容はかなり悩みながら書いています。
だって作品の中の登場人物が、言いたいこと殆ど語ってるんですから!

日々悶々と好きな作品の今後の商業展開について考えてしまう方は、「分かる。凄く良く分かる!」と思わず何度も頷いてしまう作品です。

★★★ Excellent!!!

 好きな作品には売れて欲しくない。ウェブコンテンツ主義者の心理に鋭く踏み込んだ小説だ。ウェブ小説に限らず、さまざまなアマチュアコンテンツに関する作者の知識と愛を感じ、『売れてしまった悲劇』や『売れてしまう不安』が、実にリアルに語られる。『ああ、こんなこと、あったあった』と、思わずニヤけてしまうのは僕だけでは無いだろう。
 なんと言っても、好感の持てる主人公像が素晴らしいと思う。好きな作品に対してここまで真摯に向き合う消費者の存在には、読者の立場からは尊敬を、作者の立場からは感謝を禁じえない。彼の葛藤や無力感には思わず拳を握り、応援したくなってしまう。

 主人公である遠野の視点からは、女の子の魅力よりも架空作品の魅力がこれでもかと語られているため、どちらかというとコンテンツの方がヒロインに見えてしまうのも、作品の妙だ。
 実は、主人公以外のキャラクターからも、架空のボードゲームやテレビ番組を語られるシーンがあり、そこにもまた熱を感じる。今までもいくらかラブコメを読んできたが、ここまで多様な『愛』が語られる作品は、なかなか見ない。