第101話 ミカのレベル上げ-2

 おはよう。

 ミカはすでにもう起きていて、朝食を作ってくれてる。



「おはよ、ミカ」

「おはよー、アリム」



 頬にまだ、昨日されたキスの感触が残っている気がする。

 そんな、ボーッとした考えを浮かべながら、ミカの朝食を食べた。

 食べおわったら、今日、することを話する。



「今日はね、ミカ。ダンジョンに行ってみようと思うんだ」

「わかったわ。ぁ…いざとなったら緊張する…」

「そんなに緊張する必要ないって。多分、今のミカだったらBランク程度だったら一人で倒せるとおもうよ」

「そうかな? 何回も出たり入ったりするんでしょ?」

「うん。それがレベル上げの要だからね」

「何周ぐらいするの?」

「ボクの時は83週だったかな」

「よくそんなにできるね、レベル上げの鬼さん」



 レベル上げの鬼……いくら聞いてもいいネーミングセンスだ。

 誰が考えたんだろう? 一体。

 

 あ、そうだ。せっかくダンジョンに行くんだし、なにかスキルを持たせてみてもいいかな?

 まだ武闘大会でもらったスキルカード、中身を確認すらしてないんだ。



「そうだ、行く前に、ミカに渡すものがあるよ」

「ん? なぁに?」

「はいこれ、スキルカード」



 ミカはそのスキルカードを手に取り、まじまじと見つめた



「スキルカードって、スキルを手に入れられる奴よね?」

「そうだよ? ランクB程度のスキルが入ってるはず」

「え、受け取れないよ」

「いいの、受け取って。ミカはまだスキルが少ないんだから」

「う……うん。わかった。中身はどんなの?」

「まだボクも知らない」

「そう、じゃあ使ってみるね」



 ミカは俺が使い方を説明し、自分の額にスキルカードを当て、読み込んだ。



「どんなスキルだったの?」

「なんかね、こんなスキルだった」



 ミカは[トズマホ]で俺に見せてくれた。




--------------------------------------------


氷炎の#槍斧__ハルバート__#召喚術


Rank: B - 11 SKP:0/240


Lv1: SKP-80

Lv2: SKP-160

LvMAX: SKP-240


--------------------------------------------



「え、なにこれ。ミカにあまり合わないじゃん」

「うーん、でも合成すればいいんじゃないかな?」

「じゃあ、SKP80振っておいてね」

「うん、でもかなりこれでSKPカツカツだなぁ~」

「どうして?」

「料理、真料理で200使ったでしょ? [弓の技]を[弓の豪★★★]にしたし、MAXにもしたから597でしょ? で、このスキルに80使ったら…877、残り94しかSKP残ってないの」



 なかなか、いい振り方をする。さすがは俺の幼馴染だ。



「これからレベル上がるし、沢山手に入るから、別に気にすることないよ?」

「それもそうね」

「あ、そうだ、ボクね、ダンジョン潜るときはなるべく有夢に戻ろうとおもうんだ」

「なんで?」

「その方が、ボクのありのままの状態で、ゲームしてる感じがして楽しいから」

「うん、わかった。ゲーム大好きだもんね」



 俺は有夢に戻った。



「じゃあ、もうそろそろ行くよ。 1週間近く森に滞在するし、下手したら#徹夜__オール__#もするかもしれないから、準備してね」

「え、ほんと?」


 

 ミカは信じられないみたいな顔をしている。

 仕方がないよね。



「うん。実際俺、10日間近く森の中で野宿したし。今回はマジックルームがあるけどさ」

「そう…じゃああと1時間くらい待ってくれる?」

「うん」

「ありがと。じゃあ1時間後にいこ」



______

____

__



「終わったよ、準備」

「よし、じゃあ行こうか。またマジックルームに入ってね」

「うん」



 ミカはマジックルームに入った。


 俺はマッピングしておいたヘルの森のダンジョンまで、向う。大体2分で着いたかな。


 マジックルーム・バックから、ミカを出してあげた。



「ここだよ」

「うわ…すごい大きな穴」

「でしょ。この穴の階段みたいな岩場を降りた先にダンジョンがあるからね」

「すごい、あからさまに階段ね」

「この下はもっと人工的だけどね。じゃ。入ろうか、足元に注意して」



 俺らは階段を降りていく。だんだんと、赤いレンガでできた床が見えてきた。

 これにはミカと驚いた。



「え? レンガ? こんな森の中で?」

「ふふ、そうなんだよね。俺の時は石畳だったよ」

「はぁ…ダンジョンって一体なんなのかしら」


 

 俺らはすぐにダンジョンの底に着いた。

 頭の中に、メッセージが流れてくる。



【ヘルの森「怒り」のダンジョン に 入りました】



 ミカにもこのメッセージが送られてきたようで、顔を引き締めてこう言った。



「なんか、こう言われると、いかにも ってかんじよね」

「まぁ、実際は何周もするけどね。あ、ほら早速敵が見えた」



 少し先に居たのは、木の傀儡、ウッドゴーレム。

 ただ、普通のウッドゴーレムと色が違うし、見た目も少し厳つい。


 あれはウッドゴーレムの亜種。


 [トズマホ]の情報によると、過去5回のみ確認されているウッドゴーレムの亜種の中でも超強力な個体だ。


 本来、ウッドゴーレムはDランクであるが、奴はその強さやドロップする素材は桁違い。

 なんせ、Dランクの魔核を4個も落とすらしい。


 それがいきなり2体。

 

 さらにはすでに、ここより先の道が閉ざされているようだ。


 つまりは、これ、勝ち抜き式か?

 俺はミカにこう言った。



「ミカ、勝ったら進めるタイプだよ。俺の時はこんなんじゃなかったんだけど。[怒り]だから違うのかな?」

「うーん、そうかも。とりあえずあの二匹、私が倒してみてもいい?」

「うん」

「じゃあ、倒しちゃうね。[弓の豪・一の操]」



 これは確か、自分が撃った矢を撃った後も自由に操れる技だ。

 ミカが撃った本数は8本。


 4本ずつ、ウッドゴーレム強亜種にヒットし、奴らはあっけなく倒れた。



「うーん、あっけない」

「その分、ミカが強いんだよ?」

「エヘヘ、そう?」

「うん、もう魔核も素材も回収したから、次進もうか」

「え、早っ」



 いつの間にか通路を塞いでいた壁は消えていた。

 俺らは先に進む。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます