第100話 ミカ専用武器(仮)

 ぶりっ子と言われてしまった。

 まぁ、自覚してたけどね。



「と……とりあえず、ミカにも何か武器を作ろうか。 弓だったよね?」


 

 話をはぐらかしてみる。



「うん、そうよ。どのくらいの出来の武器が作れるの? アイテムマスターは」

「伝説になるぐらいには」

「それって、最大ランクじゃないの? 流石ね」

「そうだよ」



 ミカはどうやら、このぐらいではもう驚かなくなったみたい。



「私に作ってくれるの? 伝説級の弓」

「うん。材料から取ってくるから、少し待っててね」

「ありがとう! でも……」



 ミカはなにやら悔しそうな顔をしているな。どうしたんだろう。



「私、こんなにアリムが色々してくれるのに、私はアリムになにもしてない……ねぇ? 私に何かできることない?」



 成る程、そんな悩みか。無理に何かしてもらわなくてもいいのに。



「…ボクはミカが居るだけで嬉しいんだけど?」

「それじゃダメなの。良くないのっ!」

「う……」


 

 そんな上目遣いで言われてもねぇ。同じ身長なのに上目遣いできる高等技術。

 いや、そんなことより、ミカは何か負い目を感じてるみたい。

 しかし、ミカにできることは本当になにもないんだ。



「今してもらうことは、強くなってもらうこと。レベルさえ上がればなんでもできるから。もう少し、ミカが強くなってから考えよ? ね?」

「う…ん。わかった。気をつけて行ってきてね………。そ、そうだ。私、料理のスキル上げて、お料理作って待ってるから!」

「うん、わかった。楽しみにしてる」



 俺はミカに見送られながら、トリアエリアル山に向かった。

 まだ掘ってない鉱石がある。


 その中にはミスリルも、アルティメタルもある。

 吸魔剣と同じ合金でミカには武器を作ろう。

 オリハルコンを使っても良いんだけど、あれはせっかくだし、SSランク以上の魔物の素材と合わせて作りたいから。


 こうして俺はものすごい速さで、必要な分だけの鉱石を集め、その場でマジックルームを用いて弓を作った。


 少し前までだったら、伝説の武器一つ作るのに15時間程度かかっていたのが、自分につけてる装飾品のおかげで、今では1時間程度で作れるようになった。


 やっぱり、衝撃を和らげる装飾品、作って正解だったかも。

 多分、それがないときつかった。



 俺はいそいでミカの元に帰った。


 部屋から良い匂いがする。この匂いはロールキャベツだね。

 多分これ、[真・料理]をMAXまで振ってるんじゃないかな。


 

「ただいま、ミカ」

「お帰りなさい! あ…あ・な・た」



 自分で言ってて恥ずかしいのか、顔を少し赤らめたミカが、エプロン姿で出てきた。

 可愛い。



「良い匂いだね。ロールキャベツ?」

「そうだよ。張り切って作ったの」

「料理のスキル上げた?」

「うん…[真・料理]ってスキルになって、MAXにもしたけど、アリムのアイテムマスターには勝てなかったよぅ…」



 アイテムマスターはマジで全てを超越するからね。しょうがないね。



「そんなに落ち込まないの。そのスキルMAXにしたら、超高級の一流レストランのコック長以上の味になるんだから」

「じ、じゃあアイテムマスターの料理はなんなのよ?」

「神の味?」

「うーん、妙に納得」



 そんな会話をしながら、二人でロールキャベツを食べた。

 美味しい、本当に。


 そのあと、作った武器のお披露目タイム。



「じゃーん! これがミカのために作った弓だよ! ミスリルとアルティメタルの合金でできてるんだ」

「合金もつくれるの? すごい、本当に。ありがとう!」

「じゃ、その弓、トズマホで鑑定してみてよ」

「うん」



 ミカは[トズマホ]で弓を鑑定した。



【「究極銀の吸魔の魔弓」


・状態→ 最良

・出来→ 最高

・価値→ 伝説

・材料→ アルティメットシルバー

     エンチャント  

・種類→ 魔物合の魔弓

・説明

:攻撃力+870(290×3)

:弓としての性能を究極的に上昇させる(耐久性、貫通力、攻撃力3倍)

:この弓に所有者以外の発する魔法は効かない

:MPを消費することにより、消費した分だけ弓の性能が上昇する(MP1→+0.005倍)

:魔法を吸収することができる。吸収した分だけ弓の性能が上昇する(MP1→+0.005倍)

:この弓から放った矢で傷つけた相手のMPの5%を吸収する。吸収した分だけ弓の性能が上昇する(MP1→+0.005倍)

:尚、上記の効果の持続時間は1日。1日が過ぎたら蓄積魔力は0となる。

:MPを3消費することにより、実物の矢がなくても魔力の矢を放てる。矢は、一定期間で消滅する。

:魔力の矢を任意の数だけ一度に打てる。消費MPはその本数に依存する

:程よく軽くする

:壊れない

:常に最良の状態を保つ 】



 ミカはかなり驚いてるようだ。



「これ、本当にもらっていいの?」

「うん、いいよ」

「ありがとう! アリム、ううん、有夢!」



 相当嬉しかったのか?

 頬にキスをされた。


 _____もう、これだけで俺は幸せ。


 

「あ……」

「お礼だよ。もう彼女なんだし、いいよね?」

「う、うん」

「じゃ、早くお風呂入って寝よう?」

「そうだね。ミカから先どうぞ」

「うん、ありがと」



 こうして、この日も終了した。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます