第96話 同居-1

「お願い、機嫌なおして? 美花」



 俺はあっというまに不機嫌になった美花に謝っていた。

 だが、彼女は満面の笑みでこちらを振り向きこう言った。

 こいつ、拗ねたフリだったな!



「ふふふふふ、そうだわ、有夢……いいえ、アリムちゃん」

「え、有夢じゃないの?」

「男の時のあんたは有夢って呼んで、女の子の時のあんたはアリムって呼ぶわ!」

「そ……そうなの? 俺……いやボクも美花をミカって呼ぶね?」

「それ、かわってなくない? まぁ、いいわ。一人称も、アリムの時はボクのままでいいよ」

「え? 本当?」

「ええ。だって、それでずっとこの世界で人間関係築いてきたんでしょう? 今更変えられないものね」

「助かるよ! ありがとう! ミカ!」



 俺は女の子に戻って、必殺、エンジェルスマイルをした。



「なにそれ! 私にもできる?」

「できるよ、こうして、こうやれば」

「………アリム、あざといね」

「でしょ」

「でもアリム、女の子になったばかりでしょ? それに、女の子になったら男に興味もって、男になったら今までの有夢とおなじ、エッチになる……」

「え? ボクはエッチじゃないよ? 説明的には大体あってるけど」



 ミカは不敵にわらった。

 嫌な予感がする。



「女の子のこと、教えてあげるね! なったばっかりだもんね!」



 そういうやいなや、俺を抱きしめたミカはこう言った。



「ふむふむ、なかなかいい体つきね」

「え……ちょ、ミカさん?」

「ここをこうして……えいっ!」



_______キャーーー




______

___

_




「うぅ…もうお嫁にいけない!」

「お婿にはなれるよ?」


 

 少しイタズラされたけど、特に問題はなかった。

 そうだ、こんな遊んでる場合じゃない。



「ねぇ、ミカ。突然ですだけど、すこし真面目な話をするけどいい?」

「…いいよ」

「ミカ……どうしてこの世界に居るの?」

「…………。トラックに轢かれたの」

「そうなんだ、皆んな、どうしてるだろうね?」

「わかんない。お父さんもお母さんも、桜も悲しんでる……」

「俺の親はどうだった? カナタは?」

「すごく悲しんでた」

「そう……」



 俺は今まであまり考えなかったことが頭によぎる。

 元の世界に戻ることだ。できるならば戻った方がいいのかもしれない。

 そんなこと考えていると、ミカがこう言った。



「私も有夢も、確かに死んじゃった。皆んな悲しんでる。でも、でも……私にとって、1番大切なのは、有夢だから……ね?」

「もしかして、俺の考えてることわかった?」

「何年一緒に居ると思ってるのよ!」

「今日一日」

「………うっ……グスッ……ひどい……」

「15年です」

「でしょ?」



 成る程、俺と一緒にいれるなら戻らなくてもいいと、そういう解釈でいいかな。

 俺もミカと一緒にいれるならそれでいいや。

 

 ミカが話を続ける。



「それはそうと、もうお昼過ぎちゃったからなにか食べないと」

「そうだね! ボクが作るよ」

「アリム…有夢、そこそこ料理できたものね」

「でも、いまは次元が違うんだよ?」

「そうなの?」

「うん!」

「じゃ、期待する」



 俺は台所でご飯を作る。その様子を見ていたミカは相当驚いていたようだ。

 俺は一瞬でオムライスを作りあげ、テーブルに並べた。



「え、なにそれ。早すぎ。………美味しそう」

「ふふん。すごいでしょ? ボクのスキルとか、ステータスとか、アナズムに来てからの活動とか、ご飯食べながら教えるね!」



 ミカは一口食べてこう言った。



「……こんなに美味しいオムライス、人生ではじめて食べた…………。これ、本当にアリムが作ったの?」

「そうだよ、ボクのスキルの一つにアイテムマスターってのがあってね___________」


_____

___

_



「ふぅ、美味しすぎよ。また作ってよね! 楽しみにしてるね。えっと……じゃあ、今言った内容だと、アリムはすでにこの世界じゃ、相当の人物なのね?」

「うん、そうみたい」

「私、玉の輿?」

「………そうなるね」

「で、今日はどうするの? また、忙しいんでしょう?」



 今日することは、ほとんどもうない。

 だから……



「今日はそんなに忙しくないから、ミカのためにお洋服や生活用品を沢山つくるよ! 服は全季節分、2週間ごとにローテーションできるような感じで」

「え…いいの?」

「うん! ミカのためだもの」

「嬉しい! 私の趣味わかる?」

「何年一緒に居ると思ってるのさ!」

「今日一日」

「………うっ……グスッ……ひどい……」

「15年よ」

「でしょ?」

「あ、そうだ。なら一つお願いがあるの」

「なに?」


 

 また少しモジモジしだした。

 なんだろうか?



「去年の誕生日に有夢からもらったクマさん……その……同じの作ってくれないかな?」

「いいよ!」

「ありがと…。いつも一緒にアレと寝てたから…癖になっちゃって」



 そんなに大切にしてくれてたんだね。

 嬉しい。



「じゃ、いろいろ買ってくるから、少しまっててね! その間、これ、貸してあげるから」



 俺はミカに[トズマホ]を貸した。



「え? スマホ?」

「ううん。ボクが作ったの[トズマホ]。本とかが読めるよ!」

「何冊くらい?」

「1000万冊。昨日図書館行って、データ取り込んできたの」

「なにそれすごい。……じゃ、いってらっしゃい」

「うん、行ってきます!」



 俺は色んなものの材料を買いに、街へと出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます