第95話 一緒

 ロビーで皆んなは話をしながら待ってくれていたようだ。

 美花は今、俺の隣を歩いている。


 ラハンドさんが俺らに気づき、声をかけてくる。



「おう、アリム、ミカ。話ってなんだったんだ?」



 俺はゆっくりと気持ちを落ち着かせて、こう言った。



「ボク達は…実は幼馴染なんです」



 その場にいた全員が…いや、ガバイナさん以外が驚いた表情…と同時に喜びの表情が見える。

 

 ガバイナさんが先ず、口を開いた。



「やはりな。なにか深い関係ではないかと思っていたんだ」


 

 それに対し、ラハンドさんは疑問を投げかける。



「あん? ガバイナ、そりゃどうゆうことだぁ?」

「アリムと仕事をしていた時だ。寝言でミカという名を何回もつぶやいていたからな。それに、記憶喪失という共通点もあるからな。姉妹かなにかとは思っていたんだ。幼馴染だということまではわからなかったがな」



 そうか、カルアちゃんの前で呟いた寝言を、実はガバイナさんの前でも言ってたのか。

 気を使わせて言わなかったんだろう。この人は。

 マーゴさんが嬉しそうにいう。



「そ、それじゃあ、二人とも記憶が戻ったんだねっ!」

「いえ…記憶は戻ってません」

「ん? それってどういうこと?」



 ゴッグさんの質問はもっともだ。それには美花が答えた。



「幼馴染だということは思い出したんですけど、記憶を完全に取り戻したわけじゃないんです…」

「そうなんだ……」



 それを言うと、皆んなが残念そうな顔をしている。

 

 そんな中、ラハンドさんが美花に問う。



「ミカ、お前どうするんだ? やっぱり、幼馴染のアリムと一緒に居るか?」

「はい! そうします」

「そうか」



 そう言いながら、ラハンドさんは美花の頭を優しく撫でる。

 さらに彼は、俺と美花にこう言った。



「お前ら、仲良くな。折角、再会できたんだからよ!」

「はい!……ラハンドさんありがとうございました…お世話になりました」

「ボクもミカを助けてくれて、ありがとうございました。ラハンドさん」

「いんや、いいってことよ」



 そう、嬉しそうに笑う。


 と、ガバイナさんはそろそろ帰る用意をし始めた。

 


「すまないな。俺もこれから軽く仕事がある。よかったな。アリム、幼馴染が見つかって」

「はい!」

「じゃあな」


 

 そう言って、ガバイナさんは俺ら二人の頭を撫で、ラハンドさんには、あまり無茶をするなと、ウルトさんには、突然押しかけてすいませんと言葉を残して、帰っていった。


 ラハンドさん一行もガバイナさんが帰ったからか、荷物をまとめる。



「じゃ、オレ達もそろそろ帰ろうぜ? ゴッグ、マーゴ。二人の邪魔しちゃあ悪いしよ」

「うん! そうだね! ミカちゃん、またね!」

「まぁ、また会いに来るかもね」

「はい! またいつか近いうちに」

「助けてくれて、本当にありがとうございました!」

「そんじゃあよ。アリム、薬ありがとよ」



 ラハンドさんらも俺らの頭を撫で、ウルトさんに礼を言って帰っていった。


 この場にいるのは、俺らは二人と、ウルトさんだけだ。

 俺はウルトさんにこう言った。



「ウルトさん、宿の件なんですけど」

「うん? 二人相部屋だったら追加料金はいらないよ? 女の子同士だし、問題ないよね」

「あ、ありがとうございます」


 

 言葉が読まれていたのか。俺の部屋はかなり広いし、二部屋ある。

 その上、俺は部屋に物を一切置いてないから、場所の心配もないだろう。


 美花がウルトさんにこう言った。



「えと…ウルトさん。ありがとうございます」

「いんや、いいんだよ。ともかく、アリムちゃんよかったな。ずうっとどこかで寂しそうにしてたから」

「え? そうですか?」

「あぁ、そうさ。ふふ、あまり俺を舐めるなよ?」



 いや、SSSランカーだし、舐める気はないぞ。

 ともかく、俺らは部屋に連れて行かれた。





「じゃ、ミカちゃん、ここが君達の部屋だよ。俺は仕事に戻るから。じゃあね」



 そう言って、ウルトさんはロビーに戻っていった。



「わぁ……広い部屋ぁ……」

「どう? 美花。部屋はどうするの? 分ける?」

「ううん! 別に大丈夫だよ、有夢。 だってほら、アリムって…#女の子__・・・__#なんでしょ? ベットもう一つ置いて貰えばいいよ!」



 う、女の子の部分をちょっと強めに言うあたり、気にしているな?



「そ…そうだよ。ボクは女の子だけどさ」

「そうだね。女の子だね」

「一緒にお風呂も入れるけどさ」

「エッチ」

「そんな気は起きないから大丈夫」

「そうなの? 気持ちまで女の子になっちゃったの? 有夢ぅ?」



 う…可愛い! そんなつぶらな瞳で見つめないで! 前の美花も可愛いけど、今のミカも可愛いよ。

 でも、男に成れること、言った方がいいよね。



「うーん、少し見てて?」

「? 何を?」



 俺は目の前で男に戻った。

 顔は変わらないが、確かに男の人の身体になっているのだ。肩幅や身長が。



「え、いきなり背が伸びた!?」

「うん、俺、男に戻れるんだよ。自由自在に」

「そうなの?」

「確認してみる?」

「バカ」



 久しぶりにバカと言われてしまったぜ。

 懐かしいな……。



「そう、じゃあ私の夢は叶えられるわね」

「ん? カフェのオーナーになること?」

「いや、そっちじゃなくてね? そのね?」



 みょうにモジモジしてるのが可愛いんだこれが。

 彼女はこう言った。



「私の昔っからの夢よ。あんたの………有夢のお嫁さんに………なるっ…てぇ……」

「お…………おう」



 顔が真っ赤だね。



 ……え、もしかして昔から両思いだったの?

 もっと早く告白すればよかった。



「でも、俺はもうしばらくアリムでいるぞ? アイドルみたいで楽しいんだ。もっと大人になったら結婚しようね」

「バカ! 有夢のバカ! ふーんだ!」



 ありゃりゃ、そっぽ向いちゃった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます