第94話 再会と告白

 ………まさか、まさか、まさか、まさか……。


 俺はその問いに答えず、質問を質問で返してしまった。



「ミカ………君、いや、お前……美花なのか?」



 彼女は涙溢れるその顔で、ニコッと笑ってこう言った。



「そうだよ。私は……曲木美花……。あんたの……成上有夢の幼馴染なんだから……」



 俺の目からツゥーっと、一滴の水滴がしたたり落ちる。

 まったく、これはなんという……。


 やっぱり美花だ。俺の大好きな人。幼馴染。

 このしゃべり方も、仕草も、美花だ。確かに美花なんだ。姿は違うけれど。


 涙が流れるのと同時に、俺は反射的に美花であろう人物を抱きしめて、叫んでいた。

 


「あぁ……美花っ……ミカァァ……美花っ……」



 俺から、叫ぶと共に滝のように涙が流れる。会いたかった。ずっと一緒に居たのに、いきなり引き離されて。

 一時も忘れたことなんてない。死にそうな時も、ダンジョンをクリアした時も、海で魚を狩っていた時も、大会の最中も、カルアちゃんと居た時だって……。

 おれの、おれの、俺の一番大切な人が今、目の前に居るんだ。触れられているんだ。



「あぁ……あゆむぅ……会いたかったよぉぉっ……」



 美花も泣くに泣いている。俺を抱きしめ返し、大粒の涙を流して、俺の名を叫ぶ。



「ミカぁぁぁぁ………みかぁ…………」

「あゆむぅ…………あゆむ……」



 今、俺は美花と過ごした時間全てを思い出している。

 誕生日や、俺が美花を庇った時のことなど。

 美花もきっとそうだろう。


 絶対に会うことはできないと、お互いに思っていた。

 しかし運命がひきあわせたのだろうか?




 この時間、俺らは時空を超えて、再会したんだ。





_______________________________________________

__________________________________________

_____________________________________

_______________________________

_________________________

____________________

______________

_________

____

__

_





























 永遠とも、一瞬とも思えるような時が過ぎた。


 俺は今は落ち着いてる。ただ、泣き疲れというのもあるだろうけど。


 まず、美花が口を開いた。



「ねぇ、私……有夢が死んじゃった時、この世の終わりかと思ってた。……再会してすぐだし、今、言うのもおかしいかもしれないけど…また離れ離れになったりして、後悔したくないから」


 

 彼女は頬を赤らめ、口を緩ませこう言った。



「ずぅっと、ずっと好きでした」



 俺も口を開く。



「俺もこの世界に来た時、一番に考えたのは美花、お前のことだった。修学旅行中に告白しなかったことを、後悔してたんだ。俺からも言わせてよ」



 改めて言うと思うと、少し恥ずかしい。

 でもここで言わないのは間違っている。



「……すきです」



 俺らは互いに顔を見つめあう。

 美花の顔が真っ赤だ。多分俺もだ。

 そして、互いに口元が緩み、笑いあった。


 

 さて、一つやらなければいけないぞ。俺は美花を見つめたまま、こう言った。



「美花、これからどうするの? ラハンドさん達についてくの? 俺と一緒に居る? ずっと」

「当たり前じゃん! 何言ってるのよ」

「そうか、なら、ラハンドさん達に言わなくっちゃね」

「そうね。御礼言わなきゃいけないもんね」

「うん。だから、向こうに行こう」

「うんっ!」



 俺たちは宿屋ヒカリのロビーへと向かう。

 俺はラハンドさん達に御礼を、美花は別れを言うために。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます